KEY × アニプレックス × P.A.WORKSによる新プロジェクトが5月10日に発表。『Angel Beats!』や『Charlotte』の布陣が再び動き出す

 「Charlotte&AB!」公式Twitterアカウントは、「KEY」 と「アニプレックス」と「P.A.WORKS」がコラボした新プロジェクトについての会見を実施すると発表した。

 会見は、5月10日(日)18:00からニコニコ生放送で配信予定。「『Angel Beats!』から10年、『Charlotte』から5年、いよいよ始動する新プロジェクトとは…!?」と銘打たれている。

 登壇するのは、ビジュアルアーツ代表取締役の馬場隆博氏、P.A.WORKSのプロデューサーの辻充仁氏、アニプレックスのプロデューサー鳥羽洋典氏。またMCには天津の向清太朗さんが務める。

 2010年のオリジナルアニメ『Angel Beats!』は、KEY、アニプレックス、P.A.WORKS、さらに電撃G’s magazineを加えて共同プロジェクト。KEYに所属している「泣きゲー」を確立したシナリオライターの麻枝准氏が原作と脚本を務め、P.A.WORKSがアニメーションを制作した。また2015年の『Charlotte』でも引き続き、この布陣でコラボしており、麻枝准氏が原作と脚本を務めていた。

 今回の新プロジェクトに麻枝准氏が携わるのかは不明だが、またKEYが携わるとなると、大きな反響を巻き起こすプロジェクトになっていそうだ。完全に新規プロジェクトなのか、それとも既存タイトルに関わるものなのか、気になるところだ。

 5月10日(日)18:00からのニコニコ生放送を見逃さないように、今のうちからタイムシフト予約をしておこう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧