スクエニがSteamでチャリティーキャンペーンを開始。8万6000円分のゲームを約4000円で販売、収益の100%を寄付へ

 スクウェア・エニックスは、「Stay Home & Play」キャンペーンをSteamで開始した。スクウェア・エニックスが有するスタジオEidosに関連する54タイトルをバンドルした『Square Enix Eidos Anthology』を販売する。

 バンドルの販売期間は現地時間5月11日まで。価格は、税込8万6092円分ところ、95%オフの税込4308円となる。ただし後述するが、一部注意点がある。

(画像はSteamより)

 この施策は、スクウェア・エニックスの『トゥームレイダー』シリーズ『Deus Ex』シリーズ『Thief』シリーズ『Just Cause』シリーズ『ライフ イズ ストレンジ』などの人気タイトルが含まれたバンドル『Square Enix Eidos Anthology』を95%オフという驚異の値引き率で販売。ソーシャル・ディスタンスを実行するゲーマーに報いると同時に、収益の100%を北アメリカおよびヨーロッパにおける、フードバンクやその他のチャリティーのために使われるキャンペーンとなる。

 ただしこのバンドルにはいくつかの注意点がある。おそらくバンドルのラインナップのミスと思われるが『Dungeon Siege III』が本編ではなく、DLCが登録されていること。このため別途、1548円の『Dungeon Siege III』を事前に購入しておかないと、このバンドルを購入することはできない。

 またこの54タイトルには、日本からの購入が規制されている、いわゆる「おま国」のタイトルが含まれていることだ。たとえば『Omikron: The Nomad Soul』は、日本ではSteamの購入が不可能なタイトルなので、日本からこのバンドルを購入しようとすると、『Omikron: The Nomad Soul』は含まれないことになる。なので日本からの購入では、正確には54タイトルではないことになる。

 なお前述に記載した価格では、購入規制タイトルが含まれていない価格なので、安心して欲しい。またすでに購入済みのタイトルは、バンドルの価格から値引きされているので、重複の購入も発生しない。

 『Dungeon Siege III』の本編が登録されていないという、「うっかりなミス」もあるが、それでも驚異の値引率といえるこのバンドル。収益の100%を寄付というスクウェア・エニックスの方針も賞賛されるものがあるだろう。バンドルの販売期間は現地時間5月11日までなので、それまで購入を検討してみてはいかがだろうか。

『Square Enix Eidos Anthology』バンドルラインナップ

※日本から購入できないタイトルも含む。

1. Rise of the Tomb Raider
2. Just Cause 3
3. Deus Ex: Mankind Divided
4. Life is Strange: Complete Season
5. Sleeping Dogs: Definitive Edition
6. Tomb Raider (2013)
7. Tomb Raider I
8. Tomb Raider II
9. Tomb Raider III
10. Tomb Raider IV: The Last Revelation
11. Tomb Raider V Chronicles
12. Tomb Raider VI: The Angel of Darkness
13. Tomb Raider Legend
14. Tomb Raider Anniversary
15. Tomb Raider Underworld
16. Lara Croft and the Guardian of Light
17. Lara Croft and the Temple of Osiris
18. Just Cause
19. Just Cause 2
20. Kane and Lynch: Dead Men
21. Kane and Lynch 2: Dog Days
22. Deus Ex: Human Revolution – Director’s Cut
23. Deus Ex: Game of the Year Edition
24. Deus Ex: Invisible War
25. Deus Ex: The Fall
26. Thief
27. Thief: Deadly Shadows
28. Thief II: The Metal Age
29. Thief Gold
30. Battlestations: Pacific
31. Battlestations: Midway
32. Project Snowblind
33. Mini Ninjas
34. Order of War
35. Flora’s Fruit Farm
36. Supreme Commander 2
37. Conflict: Desert Storm
38. Conflict: Denied Ops
39. Legacy of Kain: Soul Reaver
40. Legacy of Kain: Soul Reaver 2
41. Legacy of Kain: Defiance
42. Blood Omen 2: Legacy of Kain
43. Dungeon Siege
44. Dungeon Siege II
45. Dungeon Siege III
46. Anachronox
47. Pandemonium
48. Deathtrap Dungeon
49. Daikatana
50. Omikron: The Nomad Soul
51. Goetia
52. Hitman GO: Definitive Edition
53. Lara Croft GO
54. The Turing Test

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧