老人が主役のハチャメチャゲーム『Just Die Already』が発表。『Goat Simulator』デザイナーが送る物理ベースの箱庭アクション

 『Goat Simulator』で知られるCoffee Stain StudiosでPRマネージャー兼ゲームデザイナーを務めていたアーミン・アイブリサジッチ氏率いるDoubleMooseは、老人たちが暴れ回る箱庭アクションゲーム『Just Die Already』を発表し、トレイラー映像を公開した。本作は2020年夏の発売と日本語への対応を予定している。

 『Just Die Already』は、物理ベースのアクションを基本にしたブラックジョーク溢れるアクションゲームだ。最大4人まで参加でき、「ベッドから起きろ」「老人ホームでもっと騒動を起こせ」「ブースに行ってJDAに登録しろ」など、危険な任務をこなしてタダで退職手当を受けるための退職チケットを稼ぐことを目的としている。

 Steamのストアページに掲載されているノリノリのストーリー紹介文を引用でご紹介したい。

子供がいなくなった近未来の世界を舞台に、現役を引退した老人を操作しよう。労働するよりもテレビゲームを優先するようになった、恩知らずなゆとり世代のおかげで年金が払われなくなってしまった。家賃をまかなう者もいない世界で、あなたは他の老人たちと同じく自らの力で生きていくしかない。

周りに「さっさとくたばれ」と言われる中、あなたはこの世界をどう生き抜く?

 物理ベースアクションゲームのため、老人たちは大変もろい。ただし、手足が多少取れたり上半身が失われた程度では死なない。頭が無事なら老後の生活は続く。体はボキボキに壊れやすいが、それと同じように周囲の環境もボキボキに破壊できる。

 社会から切り捨てられた者は自由に人生を楽しむ権利を得る。既視感のある“光るセイバー”やグラビティガン、ショットガンにロケットにグルーガンなど、あらゆるものを利用してゆとり世代に復讐しよう。目指すは老人ホームでの豊かな隠居生活だ。

(画像はSteam『Just Die Already』より)
(画像はSteam『Just Die Already』より)
(画像はSteam『Just Die Already』より)
(画像はSteam『Just Die Already』より)

 海外メディアTheGGが公開しているプレスリリースによれば、発売前にSteamで体験版も配信されるとのこと。よりブラックジョークの色濃くなった『Human Fall Flat』ともいえる本作。ハチャメチャな老後を送ってみたい人は、Steamのウィッシュリストに登録してゲームの発売を待ってみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧