ローグライクカードゲーム『Slay the Spire』のiOS版が6月発売決定。6月7日の「Guerrilla Collective Show」で詳細発表

 ローグライクカードゲーム『Slay the Spire』を開発するMega Crit Gamesは、開発が続いていた同作のiOS版を6月にリリースすることを発表した。価格は9.99ドル。Android版についてはリリースまでもうしばらくかかるという。
 また、日本時間で6月7日午前2時から配信されるオンラインイベント「Guerrilla Collective Show」にてさらなる詳細を明かすとしている。

(画像はSteam『Slay the Spire』より)
(画像はSteam『Slay the Spire』より)

 『Slay the Spire』は2017年に早期アクセスがスタートし、2019年に正式発売されたローグライトカードゲームだ。ローグライクRPGとデッキ構築型カードゲームを組み合わせた初めてのゲームとも見なされており、多数のフォロワー作品を生んでいる。

 プレイヤーはゲーム開始時にカード構成が異なる複数のキャラクターからひとりを選び、プレイするたびに異なるイベントが待つ尖塔を登る旅に挑む。道中では「レリック」と呼ばれるプレイヤーにさまざまなスキルを与えるアイテムや多彩な能力を持つカードが手に入り、これらを取捨選択してそのときできる最善のデッキを構築して先を目指す。

 評価も高く、レビュー集積サイトのmetacriticでは89点を獲得している。ゲームも現行世代の主要コンソールすべてに移植されており、PCだけでなくPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでもプレイ可能だ。

 『Slay the Spire』はスキマ時間にサクッとプレイできるゲームのため、長らくスマートフォン移植が望まれていた。iOSユーザーは6月中に、いつでもどこでも本作を楽しめるようになる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧