2Dのキャラグラフィックを特徴とする3Dアクションゲーム『Demon Turf』が発表。かわいい悪魔が魔界の女王を目指して大暴れ

 ゲームデベロッパーのFabrazは、北米現地時間6月10日より開始したオンラインイベント「IGN Summer of Gaming」内にて、新作アクションゲーム『Demon Turf』を発表した。

 2020年から2021年までの期間を発売時期の目途としており、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Epic Games Store、Steam)に対応予定だという。

 『Demon Turf』は、2Dで描かれるキャラクターグラフィックが特徴的な3Dアクションゲームである。主人公の「ビーブス」は、魔界では若輩なわずか1000歳ほどの女の子。そんな彼女が魔界の覇を競うギャングたちをぶちのめし、魔界の王女となるために行動を開始する。

 ゲームは90年代風の古典的な3Dアクションゲームを感じさせる仕上がりで、ジャンプや三角飛びといった能力が用意されている。プレイヤーはこれらのアクションを駆使してマップを進み、最奥に待ち受けるボスを目指す。戦闘は物理エンジンを多用したものになっており、押したり引いたり、時にスピンで道を遮る敵を蹴散らす。

(画像はSteam『Demon Turf』より)
(画像はSteam『Demon Turf』より)

 また、ビーブスはさまざまな姿に変身できる。トレイラーではタイヤに変身してレースコースのようなマップを走ったり、鳥になって滑空したり、タコのような姿で水中を自由に泳ぎ回っている。これらの能力は探索範囲を広げ、一度クリアしたマップで異なるコースを発見できることもあるという。

 このほかゲーム内にはペットや染料といったアイテムの購入やクエスト受注のできるハブマップが用意されているほか、隠された場所や驚きの瞬間を写真に収める「フォトハント」のようなチャレンジも用意されている。あるいは、単純に写真映えするスポットを探して自撮りするのも楽しいだろう。

(画像はSteam『Demon Turf』より)
(画像はSteam『Demon Turf』より)

 『Demon Turf』のデベロッパーFabrazは、ポップでかわいい高難度2Dアクションゲームの『Slime-san』でも知られる。ポップでかわいく、少しおかしな日本語が入り交じった世界設定は『Slime-san』の開発スタッフが本作でも関わっているという繋がりを感じさせるものになっている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧