『Dead by Daylight』最新チャプター「サイレントヒル」配信開始。生存者「シェリル」や三角頭こと殺人鬼「エクセキューショナー」としてプレイ可能に

 Behaviour Interactiveは、非対称マルチプレイヤーゲーム『Dead by Daylight』の最新チャプター「Silent Hill」の配信を開始した。これはパッチ4.0.0によるアップデートとなり『Dead by Daylight』を持ってるユーザーは、無料で遊ぶことができる。

 今回、追加された最新チャプター『Silent Hill』は、KONAMIから発売している『サイレント・ヒル』シリーズとのコラボレーションとなり、『サイレント・ヒル3』の主人公「ヘザー」ことシェリル・メイソン、そして『サイレント・ヒル2』に登場し、シリーズを象徴するクリーチャーとなった「三角頭」ことエクセキューショナーがプレイアブル・キャラクターとして参戦している。

 また初代『サイレント・ヒル』に登場した「ミッドウィッチ小学校」が新マップとして追加されており、『サイレント・ヒル』らしいシミのついた壁、錆び付いた鎖、首吊りの死体という悪夢のような光景が展開されている。プレイヤーはこの場所で、生存者シェリル・メイソン、あるいは殺人鬼エクセキューショナーとなって死闘を繰り広げることができる。

 もともと『サイレント・ヒル』シリーズは、弾薬が豊富にありクリーチャーを倒していくアクション重視のゲームというよりも、どちらかというと逃げたり避けることに赴きを置いたゲームたった。今回の新チャプターは、そういった『サイレント・ヒル』の方向性と、『Dead by Daylight』の世界観がとてもマッチした、秀逸なコラボといえるだろう。

(画像は「チャプターXVI “Silent Hill” | キャラクター&パーク紹介 — Dead By Daylight」より)
(画像は「チャプターXVI “Silent Hill” | キャラクター&パーク紹介 — Dead By Daylight」より)
(画像は「チャプターXVI “Silent Hill” | キャラクター&パーク紹介 — Dead By Daylight」より)

 このほかにもパッチ4.0.0では、スキンに新たなレア度「レジェンダリー」を追加、4K解像度のスクリーンで適切に表示されるインターフェースの改善、結果画面に相手からフレンド招待を送信できなくするブロック機能の追加、またほかにもゲームバランスが調整されている。

 日本だけではなく海外でも絶大な人気を誇る『サイレント・ヒル』シリーズ。人間の深層心理トラウマや贖罪意識に踏み込んだ文学的ともいえる物語は、大きな評価を得ている。オリジナルのシリーズを遊んだことのない人は、新チャプター「Silent Hill」を遊びつつ、原作ゲームを遊んだり、映画版『サイレント・ヒル』を見直すと、より一層『Dead by Daylight』が楽しくなるはずだ。これをきっかけに『サイレント・ヒル』シリーズを体験してみてはいかがだろうか。

 

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧