無料配布が功を奏し、Epic Gamesストアの平均ピーク同時接続者数が1300万人を突破。月間アクティブユーザーは6100万人とサービス開始1年半で急成長

 Epic Gamesは、PCゲーム配信プラットフォームであるEpic Games StoreのMAU(月間アクティブユーザー数)が6100万人平均ピーク同時接続ユーザー数は1300万人を超えるなど、新たなマイルストーンを達成したことを発表した。GamesIndustry.bizをはじめとする海外メディアがこの話題を報じている。

 この躍進は『グランド・セフト・オートV』『シヴィライゼーション VI』、ふたつのシリーズ作品を楽しめる『Borderlands: The Handsome Collection』など、大人気ゲームを無料配布した「The Vault」キャンペーンが大きな効果を上げた成果だ。

(画像はEpic Games Storeより)

 Epic Games Storeは、業界の一般的な利益配分率である“30対70”の比率に異を唱え、デベロッパーに有利な“12対88”の割合で運営されるデジタルゲーム配信プラットフォームだ。

 デベロッパーに対して好条件を提示する一方、業界トップシェアを誇るSteamで発売を予定していたゲームを買い上げ、一方的にEpic Games Store専売にする行為はユーザーからの大きな反感を買っていた(あくまでEpic Gamesは専売を強制しておらず、専売はあくまで売り手の判断だとしている)。
 今も新作ゲームのEpic Games Store専売に失望の声は見られるものの、直近では前述のような大型タイトルの無料配布を中心にして少しずつ浸透しており、月間アクティブユーザー数が6100万人に届くほどの広まりを見せている。

 海外メディアGame Spotのインタビューによれば、Epic GamesのCEOであるティム・スウィニー氏は「ゲームを無料配布したあと、Steamやコンソール向けに配信している同じ会社の作品の売上が増加している」ことを語った。無料配布によってゲームの売上が伸び、Epic Games Storeのユーザーも増えるWin-Winのサイクルができあがっているという。
 現在では100本以上のゲームが無料配布され、すべて購入した場合の総額は20万円を超えている

 同時接続数という観点ではSteamの背中が見えてきたが、数字が並ぶのはもうしばらく掛かりそうだ。Steamは4月に、これまでの最高記録を塗り替えるピーク同時接続ユーザー数2450万人超を記録した。

 記事執筆時点でSteamの同時接続ユーザー数は約1375万人。過去48時間の最も少ない時間帯でも1300万人を下回ることはない。それでも、Epic Games Storeのサービス開始からわずか1年半ほどでの成長と考えれば、めざましい結果だといえるだろう。

(画像はSTEAM & ゲーム データより)

 熾烈なシェア争いが行われているPCゲームデジタル配信プラットフォーム。この競争が業界の変化を促し、ユーザー、販売者、プラットフォームホルダーにとって良い変化を生み出してくれることを願うばかりだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧