撃ちまくり系FPS『Serious Sam 4』にはなぜショットガンが3種類存在。開発者曰く「おもしろいから」

 FPSにおいてショットガンとは、とにかくすごい攻撃力、敵の近くに寄れば寄るほど強くなる接近戦の王者。そんなイメージの武器だ。特にモンスターを相手に走り回って戦うようなアクション性の強いFPSでは、ショットガンほど心強い武器はそうないだろう。

 大変強力ながら、一発ごとにリロードするため隙が大きなダブルバレルショットガン。比較的たくさんの弾を込められ、ダブルバレルショットガンよりは隙が小さく威力も控えめなポンプアクションショットガン

 このふたつのショットガンが共演した最初のFPSは分からないが、もっとも有名なのは『DOOM II: Hell on Earth』だろう。FPSにおいて邪悪なモンスターをやっつけるショットガンといえば、多くはこの2種類だ。
 そして、『DOOM』の影響を色濃く受ける『Serious Sam』シリーズも、ショットガンはダブルバレルとポンプアクションショットガンの2種類だった。

 しかし、8月発売予定の新作『Serious Sam 4』のトレイラーを見て気がついた方も多いだろう。本作には、さらにもうひとつのショットガンが導入されている。

 新しいショットガンについて、『Serious Sam 4』を開発するCroteamのダニエル・ルシス氏は海外メディアPCGamesNに対し、「全ては楽しむためにやっています。」と語る。

 「シングルショットガンとダブルショットガンは常にシリーズにありました。個人的に、(新しい)オートショットガンはこのゲームで一番好きな武器です。武器を手に入れ、敵にぶっ放すと楽しい。それだけです。“すでに2丁もショットガンがあるのに、どうして3つめを入れるんだい?” おもしろければ入れます。必ずしも理にかなっている必要はありません。」
 ルシス氏は理にかなっていることよりも、面白さを重視していると語る。「それが楽しい限り、私たちは作ります。それがアーケードシューターにとって常に重要です。」

 走り回りながら敵の攻撃を避け、銃をぶっ放すFPSを「アーケードライクなFPS」と呼ぶことがあるが、『Serious Sam』シリーズはまさに「アーケードライクなFPS」の最右翼に位置する作品だ。

 余談だが、Croteamのメンバーはアーケードゲームのファンとしても有名だ。『Serious Sam』シリーズの残機制やスコアシステムは、アーケードゲームからその発想が来ている。

(画像はSteam『Serious Sam 4』より)
(画像はSteam『Serious Sam 4』より)

 発表後は長らく続報が絶え、5月に続報が急に出てきたと思ったら8月にはもうリリースという電撃的な動きを見せる『Serious Sam 4』。無数の敵を相手に大立ち回りできる日はもうすぐだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧