18世紀のフランスでトランプを使ったいかさまを駆使して成り上がるアドベンチャーゲーム『Card Shark』発表。失敗は死を意味するローグライク式の作品

 8月19日に公開された任天堂のインディーゲーム紹介番組「Indie World Showcase」にて、ゲームパブリッシャーのDevolver Digitalはいかさま師やトランプトリックをテーマにしたゲーム『Card Shark』を発表した。

 対応プラットフォームはNintendo SwitchとPC(Steam)。2021年発売でどちらのプラットフォームでも日本語版のリリースが予定されている。

 『Card Shark』は18世紀のフランスを舞台に、カードを使ったいかさま師が社会のトップを目指すローグライク要素を取り入れたアドベンチャーゲームだ。

 プレイヤーは町の小さなカードパーラーからいかさまを駆使して成り上がり、お金を稼いでさらにハイリスクハイリターンなテーブルに挑む。新たなトリックを身につければ新エリアへ行くことができ、さらに高い地位の人々と勝負することができる。一世一代の勝負をくぐり抜け、フランス社会のトップを目指すことになるが、いかさまがバレれば待ち受けるのは破滅だ。捕まって撃ち殺されたとしても文句は言えない。

 ゲームプレイについて多くは語られていないが、ローグライクやいかさまがバレた場合の死ということで、プレイヤーは何度も死にながら頂点へと登る階段に挑むことになるのだろう。トレイラーではカードデッキに何か細工を仕掛けるシーンも見られ、激高した対戦相手が銃を取り出すが周りの人間に止められているシーン、逆にいかさまがバレて撃ち殺されようとしていると思われるシーンを確認できる。

 ゲームには希代の詐欺師、あるいは不死身の貴族サンジェルマン伯爵や彼に雇われたいかさま師、そしてさまざまなカードトリックが登場するという。

(画像はSteam『Card Shark』より)
(画像はSteam『Card Shark』より)
(画像はSteam『Card Shark』より)

 開発するのは二択で王国を運営するゲーム『Reigns』を開発するNerialと、イラストレーターのニコライ・トロキンスキー氏。そのほかのスタッフについてはNerialの公式Twitterアカウントで紹介されている。

 同じくカードを使った『Reigns』で高い評価を受けたデベロッパーの完全新作ということで、『Card Shark』もひねりの利いたゲームプレイや奇妙なストーリーに期待できる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧