ソニー、PlayStationゲームのPC向け移植を強化する意向。ファーストパーティータイトルのIP展開でさらなる収益確保へ

 ソニーは企業リポート「Corporate Report 2020 統合報告書」を公開し、「42.ゲーム&ネットワークサービス」の項目にて「1st PartyタイトルのPCプラットフォーム向けのIP展開を強化することで、さらなる収益の確保を図っていきます」と報告。ファーストパーティー製ゲームのPC向け移植を今後進めていく意向を明らかにした。

 2020年はこれまで、過去にPlayStationプラットフォームで独占リリースされた複数のタイトルがPC(Steam、Epic Games Store)へと移植されている。6月には『Detroit: Become Human』を筆頭としたQuantic Dreamの3作がPCで発売。また8月にはGuerrilla Gamesの『Horizon Zero Dawn Complete Edition』がPCでリリースされた。

(画像はSteam『Horizon Zero Dawn Complete Edition』より)

 今年発売されたこれらPC移植版のセールスデータは公開されていないが、非公式の統計サイトSteamspyはSteamで『Horizon Zero Dawn Complete Edition』が発売から数日で42万本がユーザーに所有されたとする統計数値を示した(参考リンク:DSOGaming)。

 また、別の外部統計サイトPlayTrackerは、Steamでの購入者の35%がPlayStation 4版もすでに購入していたと伝えている。PlayStation 4版『Horizon Zero Dawn』は2017年の発売から1000万本セールスをすでに達成しているが、十分にPC移植版でも成功を収めていると見ることができるだろう。

 ただし、PlayStation 5で独占的にリリースされるゲームもPC向けにリリースされるかは不鮮明だ。ソニーは報告書の同じ項目のなかでPlayStationゲームのPC展開を推進しつつ、PlayStation 5で「次世代機にふさわしい、エクスクルーシブなゲーム体験」を提供することにもしっかり触れている。

 たとえば互換性の話ではあるが、2020年5月にソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOのジム・ライアン氏は海外メディアgamesindustry.bizに対し、「わざわざ次世代機を作るのであれば、前世代の互換性より今までにないメリットを盛り込むべきだ」とコメントし、さらにDualSenseコントローラーや高速なSSD、3Dオーディオなど、互換性以上に次世代機の特徴を重視していくと意思を示した。

 2020年8月のPlayStation Blogへの投稿では、一部マルチプラットフォームタイトルもあるものの、DualSenseコントローラーのアダプティブトリガーなどを使った固有のゲームシステムがいくつか紹介された。またPlayStation 4のDualShock4ではPlayStation 5のゲームは遊べないことも発表された。互換性よりも「PlayStation 5ならではの体験」を強く重視しているソニーが、その体験をPCで即座に遊べるようにするとは考えづらい。

 とはいえ、過去のPlayStation独占の名作ゲームをPCでもプレイできるのは、多くのプレイヤーにとって福音となるだろう。PCでの展開も視野に入れたソニーは、今後どんなタイトルを移植してくれるのだろうか。今後の展開が楽しみだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧