元祖『Rogue』(ローグ)がSteamで10月21日に発売。「不思議のダンジョン」やローグライク・ローグライトゲームの元となった伝説的作品

 Pixel Games UKは、『Rogue』(ローグ)Steam版ストアページを公開した。10月21日にリリース予定。

(画像はSteam:Rogueより)

  『Rogue』は1980年代に生み出された、ダンジョンのランダム生成、一回死んだら最初からやり直し(パーマデス)、グリッドベース、ターン制、リソース管理、アスキー文字のビジュアルなどの要素を特徴とする、『ウィザードリィ』『ウルティマ』と並ぶ黎明期の伝説的作品だ。プレイヤーは分身となる「@」を操作してダンジョンを探索し、地下26階以降にある「イェンダーの魔除け」を取って持ち帰ることが目的となる。

 その何度でも繰り返し遊べるという独特のゲーム性は後のゲーム業界に大きな影響を与え、『Rogue』と似たような特徴を持つゲームは「ローグライク」(Rogue-like = ローグ風の)と呼ばれるようになった。
 日本では『トルネコの大冒険』『風来のシレン』に代表される「不思議のダンジョン」シリーズがローグライクゲームとして有名だ。近年では、「ローグライク」よりも上述したようなローグ的要素が薄い・もしくは軽いという意味合いで「ローグライト」(Rogue-lite)と呼ばれるゲームも増えつつある。

(画像はSteam:Rogueより)
(画像はSteam:Rogueより)

 今回Steam版として登場した『Rogue』は、オリジナル版作者であるマイケル・トイ氏が関わるEpyxよりIBM PC向けにリリースされた『Rogue』v1.49を移植したものとなる。

 テキストのみで表現されたビジュアル、フルキーボードでの操作など、今遊ぶには少しとっつきづらいかもしれないが、その色あせない面白さは歴史が証明している。現代に脈々と受け継がれる「ローグ」遺伝子のオリジンに、ぜひ触れてみてほしい。

ライター
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧