4人協力プレイに対応した消防士シミュレーションゲーム『Firefighting Simulator – The Squad』が11月17日発売決定。実在の消防車や機材が登場するリアルな消防士ゲーム

 ゲームパブリッシャーのastragon Entertainmentは、Chronos Unterhaltungssoftwareが開発する協力マルチプレイ対応消防士シミュレーションゲーム『Firefighting Simulator – The Squad』(以下、Firefighting Simulator)を11月17日に発売することを発表した(Steamストアリンク)。

 ありがたいことに字幕とユーザーインターフェースは日本語にも対応。価格は未定だ。Steamでは体験版も配布中となっている。

 『Firefighting Simulator』は、アメリカの北米西海岸の大都市をイメージした街を舞台に、消防士として人命救助と消火活動を行う消防士シミュレーションゲームだ。約60平方キロメートルのマップに、30の現場とエキサイティングなミッションが待ち受けている。消防車を運転し現場に急行、消火活動と一般市民の救出に取り組む。

 ゲームでは水、煙、熱、バックドラフト、フラッシュオーバー、油火災、電気火災、化学火災、爆発などを物理エンジンを用いてリアルにシミュレートし、恐ろしい火災を表現。
 シングルプレイモードでは消防隊の隊長として部下に指示を出し、自らも現場で消火活動に従事する。マルチプレイモードでは、最大4人で一緒に消火活動ができる。

 協力マルチプレイに対応した消防士シミュレーションゲームといえば、2020年に『Embr』がリリースされている。『Firefighting Simulator』の大きな特徴は、消防機器メーカーのローゼンバウアーアメリカとライセンス契約を結び、「TP3ポンパー」や「T-Rex 油圧プラットフォーム」など、現実の消防士が使う実在のアイテムが登場する点だ。
 プレイヤーは、「Cairns」、「MSA G1」、「SCBA」、「HAIX」など北米の有名な消防装備製造メーカーのヘルメットや消防ブーツ、呼吸装置を装備し、火災に挑むことになる。

 機材もリアルに再現するため、消防車の運転や機材の使い方も学ばなければならない。本作にはチュートリアルも実装されており、日本語で消火活動の基本が学べる。

(画像はSteam『Firefighting Simulator』より)
(画像はSteam『Firefighting Simulator』より)
(画像はSteam『Firefighting Simulator』より)

 「シミュレーション」の名に恥じないリアルな消火活動が楽しめそうな『Firefighting Simulator』は11月17日にSteamで発売予定。ゲームに興味がある方は、Steamのウィッシュリストに登録して発売を待って欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧