PS5のPS4互換性は「素晴らしい」。ゲームのソフトウェアやハードウェアを分析するDigital Foundryが検証結果を報告。「PS4ユーザーはリラックスして。あなたのゲームは動きます」と太鼓判

 ビデオゲームのソフトウェアやハードウェアを技術的に評価するDigital Foundryは、PlayStation 5のPlayStation 4との互換性について「素晴らしい」と絶賛している。Digital Foundryチャネルを運営する海外メディアEurogamerは、さまざまなゲームを使い互換性を検証し、その結果を報じている

 ファーストパーティ製タイトルである『Ghost of Tsushima』『Days Gone』が60fpsで動作するほかにも、検証に利用された『KNACK』『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』『DARK SOULS III』『Crysis Remastered』『サイコブレイク』など、ランダムに選んださまざまなPS4タイトルが60fpsで動作することを確認。

 一方、『Bloodborne』のようにフレームレートロックのかかったゲームは、開発者が解除するパッチが公開されない限りはPS5でもロックがかかったままだという。現状、『Bloodborne』はPS5でも30fpsでしか動作しない。
 ほかにも、『アサシン クリード ユニティ』は基本的に60fpsで動作するものの、ゲームの特定のエリアや被写界深度のエフェクトが強く掛かるカットシーンでパフォーマンスが急落。30fps台にまで低下したことが確認された。これは、PS4ゲームをPS5で遊ぶため、GPUをPS4と同じパフォーマンスまで落とす開発者向けオプションによるものだとDigital Foundryは分析している。

 また、PS4でパフォーマンス目標を達成したゲームもパフォーマンスが改善することはない。つまり、PS4でフレームレート制限上限いっぱいで動作していたゲームは、PS5でも相変わらずフルフレームで動作する。

(画像はPlayStation公式Twitterアカウントより)

 Digital Foundryは、PS5の互換性に関しては非常に楽観的だ。Xbox Series Xの持つ自動HDR化など一部の機能は有していないが、「PlayStation 5は、Microsoftのそれと同等の機能に匹敵する下位互換性を提供します」と太鼓判を押している。
 そして「PS5の購入を検討しているPS4ユーザーはリラックスして待っていてください、あなたのゲームは動きます」とまとめている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧