80年代のパソコンを再現するPICO-8で『DOOM』をデメイクした『POOM』公開。16色と128×128ピクセルの画面解像度でゲームを再現

 主にPICO-8でゲームを開発するfreds72氏とParanoid Cactus氏は、PICO-8で動作する『DOOM』クローンである『POOM』を公開した。ブラウザや実行ファイルから無料で遊べる。

 実物の『DOOM』が動くわけではなく、PICO-8のために特別に作られたゲームだ。

(画像はitch.io『POOM』より)

 PICO-8とは、Lexaloffle Gamesが開発したバーチャルマシーン/ゲームエンジンだ。1980年代のビデオゲームプラットフォームをイメージしており、使える色数は16色、ディスプレイ解像度は128×128ピクセルなど、ハードウェア的な制限をあえて設けている。そのため、PICO-8は「ファンタジービデオゲームコンソール」と表現されている。
 高難度アクションゲーム『Celeste』の元になったゲームジャム作品が生まれたプラットフォームとしてもよく知られている。
 
 『DOOM』が発売されたのは1993年。PICO-8が想定したコンピューターより高性能なもので動作することを念頭に開発されている。そのため、『POOM』は『DOOM』のデメイク(新しいゲームを古いプラットフォームへ移植すること)ともいえるだろう。
 ファイルサイズはわずか1MBほどとかなり軽い。マップに入る前にしばらくロードが入るため、フリーズしたと思ってももうしばらく待つのがいいだろう。ハードウェアにもよるが、概ね20秒ほどロード時間があるという。

(画像は『POOM』より)

 キーボードのアローキーで移動、「z」キーが撃つ、「x」キーが扉などを開けるユーズキー、「x」キー押しっぱなしで左右へのカニ歩きが割り当てられている。

 ゲームの内容はかなり『DOOM』に近い。PICO-8でゲームを再現したということで、配布ページのフォーラムにも賞賛の書き込みが多数寄せられている。「PICO-8でどうやって作ったんだ」、「どうやってるの?技術的なことも解説して欲しい」など、PICO-8で『DOOM』を再現した技術力の高さに驚く声がかなり多い。

(画像は『POOM』より)

 『POOM』はitch.ioで無料配信中。もしも80年代に『DOOM』が出ていたらどう見えていたか、このゲームをやって体験してみて欲しい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧