初代XboxからXbox Series Sまで、約20年の間にリリースされた4世代のXboxで同じゲームを遊べるか。懐かしのシステムリンクケーブルを使い、YouTuberが互換性を検証

 Xboxプラットフォームは、互換性に力を入れていることで有名だ。最新コンソールであるXbox Series X/Sでは、XboxからXbox Series Xまで4世代ほぼすべてのゲームの動作が謳われている。

 そんなXboxの互換性に、YouTubeチャンネル「Modern Vintage Gamer」が挑んだ動画が公開された。検証タイトルはマイクロソフトが2003年にリリースしたXbox用フライトアクションゲーム『クリムゾンスカイ: High Road To Revenge』
 マイクロソフトのストアページでは、同作はXbox Series X/SとXbox Oneに対応していることが記されている。おもな特徴の部分にはXbox 360での動作検証がされている旨も書かれているため、初代XboxからXbox Series Xまですべてのコンソールで動くことが分かる。

 さらにModern Vintage Gamerはさらに一歩踏み込んで、「システムリンクケーブル」で異なる世代のXboxプラットフォームをつなぎ、一緒にマルチプレイができるかも検証した。その結果、2001年に発売されたXboxから2020年に発売されたXbox Series Sまで、最大で約20年の年の差がある4世代のXboxでひとつのゲームを遊ぶという、にわかには信じがたい光景が完成した。

 Xboxではシステムリンクケーブルという名前が用いられているが、内容はイーサネット・クロスオーバー・ケーブル(クロスケーブル)だ。ざっくりと表現すると、相互に通信ができるLANケーブルを指す。動画では各Xboxをシステムリンクケーブルとイーサネットハブで接続し、LANネットワークを構築している。

 じつは2017年にXboxゲームがXbox Oneで動くようになった時、システムリンクケーブルについても発表があった。海外メディアIGNによると、少なくともXbox Oneの時代までのXboxファミリーで、システムリンクケーブルによるマルチプレイに対応していることが伝えられていた。

 その点を考えると、Xbox Series X/Sもシステムリンクケーブルで接続して一緒にゲームを遊べるというのは理にかなっている。が、やはり初代Xboxから最新のXbox Series Sまでが肩を並べて同じゲームを遊んでいる姿は感動的だ。互換性を大事にしてきたマイクロソフトのプラットフォームならではの光景といえるだろう。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 Xboxを2台以上持っているという方は少ないかもしれないが、XboxからXbox Series X/Sのうちの2台を持っているという方はいるかもしれない。もしもシステムリンクケーブルに対応したゲームとモニターも2台以上持っているという方は、一度試してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ