西遊記をテーマとするアクションRPG『Black Myth: Wukong』開発元が春節を祝う記念トレーラーを公開。「本作のプロットを表すものではない」との注意書きも

 中国の杭州市と深セン市に拠点を置くGame Science(游戏科学)は、開発中のアクションRPG『Black Myth: Wukong(黑神话:悟空)』を使った春節(旧正月)の記念トレーラーを2月9日(火)に公開した。
 なお、YouTubeの映像では説明文に「あくまで春節を記念するもので、本作のプロットを表すものではない」ことが示されている。

(画像はYouTube「Black Myth: Wukong – Chinese New Year greetings」より)

 『Black Myth: Wu Kong』は、16世紀ごろに成立した小説『西遊記』をベースに開発されている作品だ。作中では、転がって敵の攻撃を避けるドッジロールやタイミングよく敵の攻撃を弾くアクションを駆使しながら、さまざまな敵と戦う。同様の戦闘スタイルをもつ作品はほかにも存在するが、本作の特徴は、主人公である「悟空」が「如意棒(にょいぼう)」分身・変化などの術を扱える部分にある。

 今回の映像では、基本的な回避と弾きのアクションに加えて、2020年8月公開のゲームプレイ映像で出たものとは異なる変化や敵を確認できる。執筆時点で発売予定時期などの情報は未定だが、公式サイトのQ&Aでは、対応予定のプラットフォームについて「クラウドゲーミングを含むPC・家庭用ゲーム機などの主要コンソール」との解答が示されている。

(画像はYouTube「Black Myth: Wukong – Chinese New Year greetings」より)
(画像はYouTube「Black Myth: Wukong – Chinese New Year greetings」より)

 本作を遊べるようになるまではまだまだ時間がかかりそうだが、悟空のように500年もの長い間待つ必要は無さそうだ。続報については、公式サイトから登録できるメールマガジンやSNSの公式アカウント(bilibiliWeibo、Wechat)をチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ