『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が新たにスクエニ作品のリメイク版を複数開発中。ひとつの“ブランド”に基づき、グラフィックデザインのみを変える方針

 ポーランド・グディニャに拠点を置くパブリッシャー(販売元)のForever Entertainmentは、リメイク版タイトルの開発およびリリースに関わるスクウェア・エニックスとのライセンス契約締結を発表した。

 過去にセガとのライセンス契約を締結しているForever Entertainmentは、2020年4月に発売されたNintendo Switch用ソフト『パンツァードラグーン:リメイク』のパブリッシャーとして知られる。また、2019年10月には、アーケード向けのガンシューティングゲーム『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』シリーズの初期2作品に関するリメイク版の制作も発表している。

 今回の発表によると、リメイク版を制作しているタイトルは複数存在し、すべてスクウェア・エニックスが保有するひとつの“ブランド”に基づくものだという。また、作品についてはゲームプレイとスクリプトをそのままに、グラフィックデザインのみを変更することも記されている。

 さらに、発表では利益分配や開発費の負担といった面にも触れられている。利益はForever Entertainmentとスクウェア・エニックスで50%づつ均等に分配。開発費はForever Entertainmentの全額自社負担となるようだ。

 “ブランド”の詳細や対応プラットフォームについては一切触れられていないため、引き続き続報を待ちたい。

 ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ