デジタルカードゲーム『Artifact』開発中止。1年かけてゲームプレイの刷新を目指すもプレイヤー戻らず、今後は完全無料で遊べるように

 Valveはデジタルカードゲーム『Artifact』の開発中止を発表した。 『Artifact Classic』『Artifact Foundry』(旧『Artifactベータ2.0』)の2本は今後、完全に無料で遊べるが、これ以上の開発は続けられない。『Artifact Foundry』は一部仕上げとアートワークが不足しており、未完成品ではあるが、ゲームプレイの核はすべて実装されている。

 『Artifact』は2018年にリリースされたデジタルカードゲーム。『マジック:ザ・ギャザリング』『デュエル・マスターズ』といったカードゲームをデザインしたリチャード・ガーフィールド氏を招き、『DOTA 2』のようなレーンとタワー破壊の概念を導入したルールでデザインされている。
 また、カードなどデジタルコンテンツをユーザー同士で売買する「Steamマーケットプレイス」の機能を使って、ゲームに使用するカードの取り引きができることも特徴だった。

 一方、「ペイ・トゥ・ウィン」(お金を掛ければ掛けるだけ有利になる)ではないとしながらリアルマネーでカードパックを購入する、にもかかわらず基本無料ではなく本体も有料という収益化方法を中心に、プレイヤーからは一時批判が噴出した。マルチプレイゲームながら発売から数か月でプレイヤーベースが激減した。
 これを受けたValveは、2020年3月にゲーム内容を刷新する「Artifact 2.0」構想を発表。カードパックの配信中止を筆頭に『Artifact』の立て直しを始めた。

 1年間クローズドベータテストを行ったが、残念ながら「ゲームの今後の開発推進を正当化できるほどのアクティブユーザー数を得ることができませんでした」と、開発を断念することを決めた。ゲームの目指した目標自体はほとんど達成したというが、それでもプレイヤーは戻らなかった。
 『Artifactベータ2.0』は無料化に伴い『Artifact Foundry』に名称を変更。オリジナルの 『Artifact Classic』とともにリリースされることとなった。

(画像はSteam『Artifact』より)
(画像はSteam『Artifact』より)
(画像はSteam『Artifact』より)

 『Artifact Classic』の大きな変更点はすべての要素の無料化で、プレイヤーはすべてのカードを利用できるが、ゲームを有料で入手したプレイヤーのカード資産は特別なコレクターズエディションに変換され、今後もマーケットで売買できる。また、有償プレイヤーはコレクターズエディションのカードパックを獲得できるが、無料のプレイヤーはそれができない。

 『Artifact Foundry』も無料で、ゲームをプレイすることでカードを手に入れられる。すべてのカードはこの方法で獲得でき、カードやパックの販売はない。入手したカードもマーケットプレイスでの販売は不可能だ。両作の詳細な変更点は、Steamのニュースページにて確認してほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ