SIE、PS5向け次世代VRシステムの新たなコントローラーを公開。両手で握り込む人間工学を重視したデザインに

 ソニー・インタラクティブエンターテインメント(以下、SIE)は、PlayStation 5向け次世代VRシステムの新たなVRコントローラーに関する情報を公開した。

 先日公表されたPS5向けのVRシステムは現在開発が続けられており、名称や外見も含め詳細は明らかにされていないが、今回は先にコントローラーの外見がコンセプトデザインがお披露目された。SIEによれば、この新しいVRコントローラーは「従来のゲーム体験を超える没入感と、まるでその場にいるかのようなセンス・オブ・プレゼンスのさらなる追求」を目指しているという。

 まず特徴として挙げられているのは、既存のコントローラーや過去に発売されていたMoveとは異なる握り込むようなユニークなオーブ型のデザインで、人間工学を重視したデザインで握った際のバランスがよく手に馴染む設計になっているという。

 また押し込んだ際に抵抗を感じる「アダプティブトリガー」、あらゆる感触が詳細な振動で伝わる「ハプティックフィードバック」、触れるだけで指を認識する「フィンガータッチ機能」といったPS5のDualSenseコントローラーの技術も盛り込まれている。このほか、オーブ表面に点在するトラッキング機能により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングしているという。

 SIEによる各機能の詳細な解説は以下のとおり。

PS5™向け次世代VRシステム──新たなVRコントローラーについて
西野秀明 ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント(プラットフォームプランニング&マネジメント統括責任者)

先日発表いたしましたPlayStation®5向け次世代バーチャルリアリティ(VR)システムに関連して、私たちがお届けするVR体験において、重要な役割を担う新しいVRコントローラーの詳細についてお知らせいたします。この新しいVRコントローラーは、従来のゲーム体験を超える没入感と、まるでその場にいるかのような「センス・オブ・プレゼンス」のさらなる追求を目指しています。DualSense™ ワイヤレスコントローラーでは、PS5におけるプレイ感覚を劇的に進化させ、革新的なゲーム体験をお届けしています。このたびのVRコントローラーでも同技術を応用し、VRゲームでも革新的なゲーム体験をお楽しみいただけるようになります。

デザイン
最初にご紹介したいのは、次世代VRコントローラーのユニークなデザインです。握った際に自然と手にフィットするオーブ型で、手の動きを妨げることなく自由度の高いゲームプレイが可能なことから、ゲームデベロッパーの皆さんにおかれましても、これまでにないようなゲーム体験を実現させることが可能になります。

また、本コントローラーはエルゴノミクス(人間工学)も重視したデザインになっており、握った際もバランスが良く、しっくりと手になじむように設計しています。これまで数十年にわたってPlayStation®プラットフォームで発売したコントローラーから得た知見も活かしながら、あらゆる大きさの手で検証を重ねてまいりました。結果としてVRのゲーム体験に革新をもたらすこの象徴的なデザインを採用いたしました。

特徴的機能
新たなVRコントローラーでは、プレイヤーの皆さんはこれまで以上に直感的にゲームを感じ、操作することができます。DualSense ワイヤレスコントローラーを踏襲する機能をはじめとした、次世代のVRゲーム体験を可能にするその特徴的な機能をご紹介します。

アダプティブトリガー
左右のVRコントローラーそれぞれにアダプティブトリガーボタンを搭載しており、DualSense ワイヤレスコントローラーと同様に、押し込んだ際に抵抗を感じられるようになっています。PS5のゲームをプレイされたことがある方はL2あるいはR2ボタンでおなじみかと思いますが、たとえば、ゲーム内で弓を射る際にその弦の引き絞りを指先で感じることができます。この機能をVRにも適用することで、ゲーム体験を新たなレベルにパワーアップさせることができます。

ハプティックフィードバック
新たなVRコントローラーの形状に最適化したハプティックフィードバックを搭載しており、ゲーム内でのあらゆる感触をさらに強力に、あるいは手触りやニュアンスが感じられる表現を可能にします。岩石がごろごろと横たわる砂漠を横断している感覚や、近接攻撃で拳を交わし合う感覚など、感触の違いがはっきりと感じられ、VR体験の要である映像やオーディオをさらに際立たせることができます。

フィンガータッチ機能
コントローラーには、押さずとも触れるだけで指を認識する機能を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に搭載しており、ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が可能となります。

トラッキング
オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングします。

アナログスティック/アクションボタン
左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタンを、右のコントローラーには、アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンを搭載しました。グリップボタンの用途としては、たとえばゲーム内のオブジェクトを「つかむ」といったときに使えます。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商品企画、エンジニアリング、そしてデザインチームが協力し、現行のVRゲーム体験からの飛躍を目指して新しいVRコントローラーを作り上げました。新たなコントローラーの開発成果に手ごたえを感じますが、一番大切なことはこのコントローラーでどんなゲーム体験がゲームクリエイターさんによって創り出されるかです。まもなく試作バージョンのコントローラーがゲーム開発会社の皆さんのお手元にわたります。本コントローラーを活かした素晴らしいアイディアの数々が待ちきれません。

PS5向け次世代VRのさらなる情報については、今後の発表にご期待ください。ソニー・インタラクティブエンタテインメントを代表して、いつも応援してくださるファンの皆さんへ感謝を申し上げます。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ