『勇なま』シリーズのプロデューサーを務めた山本正美氏が新会社「EPIGRAsm(エピグラズム)」設立を発表。引き続きゲーム制作に注力

 SIEジャパンスタジオにて外部制作部長およびシニア・プロデューサーを務めていた山本正美氏は4月1日(木)、新たな株式会社「EPIGRAsm(エピグラズム)」を3月31日(水)に設立したことを自身のTwitterアカウント(@camp_masami)から伝えた。

 山本氏は、ダンジョン運営シミュレーションゲーム『勇者のくせになまいきだ。』シリーズのプロデューサーを務めたことで知られる。また、ゲームクリエイター発掘オーディション「ゲームやろうぜ!2006」や「PlayStation CAMP!」の主宰を担当し、錯視パズルゲーム『無限回廊』(2008)やサバイバルアクションゲーム『TOKYO JUNGLE(トーキョージャングル)』などの作品を世へ送り出した。

 なお、SIEジャパンスタジオは組織再編の実施により、PlayStation 5向けVRゲーム『ASTRO’s PLAYROOM(アストロプレイルーム)』を手がけた「Team ASOBI!」へ4月1日(木)付けで編入されている。

(画像はPlayStation公式ソフトウェアカタログ『勇者のくせになまいきだ。 PSP the Best』より)
(画像はPlayStation公式ソフトウェアカタログ『無限回廊 PSP® the Best』より)
(画像はPlayStation公式ソフトウェアカタログ『TOKYO JUNGLE PlayStation 3 the Best』より)

 再編発表の前後には、ホラーアドベンチャー『SIREN(サイレン)』でディレクターを務めた外山圭一郎氏や、アクションアドベンチャー『GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)』のキャラクターデザインを担当した斎藤俊介など複数の著名なクリエイターが退社を明らかにしている。

 山本氏自身も2月末日付けでSIEジャパンスタジオを退社しており、上記の流れへ続く形で今回の新会社設立に至っている。ツイートでは「引き続きゲーム制作など色々と頑張ります!」と設立への意気込みを語っているので、今後の動向にも注目したい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ