美しい2Dピクセルアートが魅力のアーケードライクなアクションRPG『バトルアックス』今春発売。最大ふたりで無数の敵を倒すハイテンションな戦いが楽しめる

 イギリスに拠点を置くゲームパブリッシャーのNumskull Gamesは、同国のゲーム開発会社Bitmap Bureauの開発するアーケードライクな2Dアクションゲーム『バトルアックス』Steamストアページを公開した。PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでも発売予定。2021年春に発売予定で、日本語にも対応する。

 『バトルアックス』は往年の名作アーケードゲームに触発された2Dグラフィックが特徴のアクションゲームで、最大ふたりで無数の敵を倒すハイテンションな戦いが楽しめる。見た目はアーケードアクション風だが、レベルアップや武器のアップグレード、手に入れた金貨での買い物などRPG風のシステムも搭載。とくに1985年に発売された見下ろしアクションゲーム『ガントレット』に影響を受けたとされている。

 ゲームの舞台となるのは邪悪な魔女に支配された国「メルキア」。魔女は7年ごとに民衆の中から奴隷を選び、恐怖で彼らを支配していた。そんな闇の時代を終わらせるため、「エルフ」、「ウィザード」、そして「戦士」と3人の勇者が選ばれる。プレイヤーはそれぞれ能力の違う彼らのうちのひとりを選び、魔女の支配を終わらせるために戦う。

 音楽は『ロックマン』シリーズなどの音楽を手がけた松前真奈美氏。2Dアートを手がけるのは1990年代からピクセルアーティストとして活動してきたヘンク・ニーボーグ氏。氏は『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』『魂斗羅デュアルスピリッツ』の製作に参加している。

 なお彼らを招いてゲームを開発するBitmap Bureauは、現行機だけでなくメガドライブやドリームキャスト、ネオジオにも対応したアクションゲーム『Xeno Crisis』を開発したことで有名だ。同スタジオはKickstarterにて2020年に『バトルアックス』のクラウドファンディングを成功させ、2021年2月にゲームの開発が完了したことを報告した。

(画像はSteam 『バトルアックス』より)
(画像はSteam 『バトルアックス』より)
(画像はSteam 『バトルアックス』より)
(画像はSteam 『バトルアックス』より)

 なめらかなアニメーションと美しい2Dピクセルアートが特徴的な『バトルアックス』は2021年春発売予定だ。ダウンロード版の価格は不明だが、パッケージ版は30英ポンドほどで予約を受け付けている。また、Kickstarterでは15英ポンド以上の支援でダウンロード版がリワードとなる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ