ハッキングをテーマにしたRPG『Midnight Protocol』発表。さらし行為により政府から脅迫を受けることになったハッカーとして、さまざまなハッキングに挑む

 パブリッシャーのIceberg Interactiveは、ベルギーのゲーム開発会社LuGus Studiosの開発するハッキングをテーマにした物語主導のRPG『Midnight Protocol』を発表した。 対応プラットフォームはPC(Steam)。対応言語は英語。2021年夏に発売予定で価格は未定だ。

 『Midnight Protocol』は近未来を舞台にしたハッキングRPGだ。主人公はさらし行為で身分が明かされた著名なハクティビスト(インターネット上の政治活動家ハッカー)の「データ」。その活動からか、政府の一部門から脅迫を受けている。プレイヤーはそんなデータとして、キーボードだけを必要とするホームターミナルから世界中の情報にアクセスし、ネットの海でハッカーとして思うまま行動することになる。作品全体では労働の自動化、ビッグデータ、物議を醸すAI技術、法的グレーゾーン、曖昧なオンラインでのアイデンティティなどをテーマにしている。

 ゲームは複雑なハッキングメカニズムを用いず、デジタル戦争に没頭することを目的に設計されている。インターフェースは架空のOS「mOS」になっており、Eメールを見るときはキーボードの「E」を押すなど、すべての行動はほぼキーボードコマンドに設定されている。ノードからお金を奪う「drain」コマンドや、追跡をかわすために「cloak」コマンドなど、キーボードをたたいてセキュリティプロトコルを外したり、回避したりしながら違法合法問わずさまざまなデータにアクセスする。やがてタイプ音までBGMの一部になるだろう。

 ハッキング戦はターンベースで落ち着いて遊ぶものと、少し慣れたプレイヤー向けにリアルタイムのものがオプションとして用意されている。キーボードを打ってコマンドを入力することに慣れたら、リアルタイムに切り替えることでハッカーの戦いらしい緊迫したタイピング合戦が楽しめる。

(画像はSteam 『Midnight Protocol』より)
(画像はSteam 『Midnight Protocol』より)

 さまざまなサイドクエストも用意されており、ハッキングを通してミッションの前にターゲットの情報を集めたり、ハッカーチェスに興じたりと、オプションとなるコンテンツも多数収録されている。

 他人のプライバシーを尊重するか、それとも侵害するか。ホワイトハットハッカーとして警察と協力し、悪事を働くハッカーを追い詰めることもできる。一方でブラックハットハッカーとして他人のプライバシーを侵害し、脅迫してお金を得ることも可能だ。それらの選択はプレイヤーのオンライン上での評価につながっていく。

 ハッキングには綿密な計画も必要だ。サイバーセキュリティと戦うためのアイテムはブラックマーケットで調達し、自分だけのハッキングデッキを構築する。

(画像はSteam 『Midnight Protocol』より)
(画像はSteam 『Midnight Protocol』より)

 かなりの量の英文が登場すると予想されるため、苦手な方はかなり厳しいかもしれない。しかし緊張感あふれるタイピングバトルは、サイバーパンク名ハッカーバトルの真骨頂ともいえる面白さを秘めている。辞書片手にがんばりたいタイトルだ。なお現在Iceberg Interactiveは、ゲームを抽選でプレゼントするキャンペーンも実施中となっている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ