『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の4K Ultra HDリマスター版が海外向けに発表。『FF7』の2年後を描く大ヒットした3DCGアニメが高画質・高精細で蘇る

 ソニーピクチャーズ・エンタテイメントは3DCGアニメ作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の4K Ultra HDリマスター版を現地時間6月8日(火)に発売すると海外向けに発表した。価格は30.99ドル(約3400円)。4K+ブルーレイ+デジタルとなり、2枚組みとなる。

 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は2005年に発売された3DCGアニメ作品。DVDとUMDで発売され全世界では400万本を突破する大ヒットを記録した。2009年には約30分の映像を追加、再編集をしてフルHDのコンプリート版ブルーレイが発売されている。

 ストーリーはゲーム『ファイナルファンタジーVII』の世界から2年後。セフィロスがもたらした大破壊から立ち直りつつあった魔晄都市「ミッドガル」を、謎の厄災が襲う。「星痕症候群」と呼ばれるその病は、治療方法も見つからないまま次々と人々を死に至らしめていった。

 この病に呼応するかのように現れた新たなる敵が出現。平和と引き換えに大事な仲間達を失い、深い自責の念に心を閉ざしていたクラウドは、眼前に迫った避けようのない戦いを前に思い悩む。長い葛藤の末、ついに戦いを決意するクラウド。敵の目的は何なのか、なぜ人々が病に倒れるのか。人知を超えた戦いの先に待ち受けていた真実が明かされる。

(画像はYouTube 「FINAL FANTASY VII: ADVENT CHILDREN COMPLETE (2005) – First 10 Minutes」より)
(画像はYouTube 「FINAL FANTASY VII: ADVENT CHILDREN COMPLETE (2005) – First 10 Minutes」より)
(画像はYouTube 「FINAL FANTASY VII: ADVENT CHILDREN COMPLETE (2005) – First 10 Minutes」より)
(画像はYouTube 「FINAL FANTASY VII: ADVENT CHILDREN COMPLETE (2005) – First 10 Minutes」より)

 監督は野村哲也氏、シナリオを野島一成氏を務めているほか、クラウドを声優の櫻井孝宏さん、ティファを伊藤歩さん、バレットを小林正寛さんが演じている。

 今回の収録内容も2009年に発売したブルーレイをベースに、4K Ultra HDリマスターとしてアップグレードしたもののようだ。

 2022年配信予定のスマートフォン向けゲーム『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』には本作のストーリーが描かれることが発表済み。『ファイナルファンタジーVII リメイク』で改めて『ファイナルファンタジーVII』の世界に触れた人も、久々に後日譚のストーリーに触れてみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ