コナミが2Dアクション『GetsuFumaDen: Undying Moon』を発表。ファミコンで発売された『月風魔伝』の流れをくむ、浮世絵風のアートスタイルが美しいローグライトゲーム

 コナミデジタルエンタテインメントは、任天堂のインディーゲーム紹介番組「Indie World」にて、2Dアクションゲーム『GetsuFumaDen: Undying Moon』を発表した。対応プラットフォームはNintendo SwitchとPC(Steam)。日本語にも対応。

 Nintendo Switchでは2022年発売、Steamでは2021年5月14日(水)から早期アクセスがスタートする。早期アクセスの価格は24.99ドルだ。早期アクセス参加者には「デジタルアートブック」と「オリジナルminiサウンドトラック」、FC版『月風魔伝』が無料でプレゼントされる。早期アクセスに先駆け、ゲームのDiscordサーバーも公開されている。

(画像は『GetsuFumaDen: Undying Moon』公式サイトより)

 『GetsuFumaDen: Undying Moon』は、1987年に発売されたファミリーコンピュータ用アクションRPGゲームの続編。和風ダークファンタジーに、ローグライトとハイスピード2Dハック&スラッシュアクションを足し、浮世絵風のアートスタイルでまとめたアクションゲームだ。和風なのは見た目だけではなく、日本武道特有の間合いや拍子を意識した剣戟アクションも楽しめる。

 ダンジョンは入るたびにマップやアイテムが変化し、主・副装備の収集と強化や能力解放により、多彩なビルドでゲームに挑戦できる。リアルタイムに強化の取捨選択が可能なパワーアップシステムを採用しており、周回ごとにビルドを工夫しながら地獄の最深部を目指そう。

 目を引く美しくもおどろおどろしい浮世絵風のアートスタイルで描かれる大百足や龍など、日本の妖怪をモチーフにした巨大で恐ろしいボスは、あらゆるステージの最後にプレイヤーを待ち構えている。

 コナミデジタルエンタテインメントのゲームが任天堂のインディーゲーム紹介番組に登場するのは少し奇妙に見えるが、SteamページではゲームはGuruguruと同社の共同開発となっている。Guruguruが具体的にどの会社なのかは記事執筆時点で明かされていないが、福岡に拠点を置く株式会社ぐるぐるのことではないかと思われる。

(画像は『GetsuFumaDen: Undying Moon』より)
(画像は『GetsuFumaDen: Undying Moon』より)
(画像は『GetsuFumaDen: Undying Moon』より)
(画像は『GetsuFumaDen: Undying Moon』より)

 美しいアートスタイルと白熱の戦闘が楽しめそうな『GetsuFumaDen: Undying Moon』は、5月14日(水)よりSteamにて早期アクセス開始予定。Nintendo Switchでは2022年に完成バージョンとして発売されるはずだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ