実際の古生物とポケモンを観察・比較する企画展示「ポケモン化石博物館」2021年夏から開催決定。描き下ろしの「カセキポケモン」骨格図や実物大骨格模型が登場

 文化庁所管の国立科学博物館(以下、かはく)は、株式会社ポケモンによる協力のもと、地域振興を目的とする巡回型の企画展示「ポケモン化石博物館」を2021年夏から順次開催すると発表した。初回は7月4日(日)から9月20日(月)まで、北海道の三笠市立博物館にて開催される。

 発表によると、「ポケモン化石博物館」では実際の化石・古生物と『ポケットモンスター』シリーズに登場する「カセキポケモン」の観察と比較を通じて、楽しみながら古生物学を学べるという。会場には株式会社ポケモンが製作した「カセキポケモン」の実物大骨格模型や描き下ろしのイラスト、骨格図が展示されるようだ。

 また、会場では古生物の実物標本や複製標本、模型といったコレクションが複数の博物館から集結。ひとつの博物館だけでは難しい規模の展示が、かはくを含む5つの博物館と株式会社ポケモンの協力によって実現している。

 なお、本企画は2023年夏まで実施予定だ。巡回会場の地域にお住まいの方は、新型コロナウイルスへの感染対策を十分に施したうえで博物館へ足を運んでみてほしい。

 巡回展「ポケモン化石博物館」のリリース文は以下のとおり。

【国立科学博物館】国立科学博物館史上初となる、官民連携による地域振興を目的とした巡回展  巡回展「ポケモン化石博物館」開催のお知らせ

国立科学博物館(東京都台東区、館長:篠田 謙一)では、地域の活性化を目的として複数の地域の博物館と協働して巡回展を制作しています。

 この第一弾として、株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原 恒和)の協力のもと、三笠市立博物館(北海道三笠市、館長:加納 学)をはじめとする複数の博物館と「古生物とポケモン」をテーマに、観察や比較を通じて、古生物学を楽しく学ぶことができる展示を制作しました。2021年夏の三笠市立博物館での開催を皮切りとして、日本各地を巡回します。

巡回展「ポケモン化石博物館」

​【開催期間】2021年 夏 〜 2023年 夏(予定)

【巡回会場】
2021年 夏:三笠市立博物館(北海道三笠市幾春別錦町1-212-1)
     7月4日(日)〜9月20日(月)
2021年 秋:島根県立三瓶自然館サヒメル(島根県大田市三瓶町多根1121-8)
2022年 春:国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
2022年 夏(予定):豊橋市自然史博物館(愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238)
※以降の巡回先については調整中

【主催】巡回会場となる博物館、独立行政法人国立科学博物館

【企画協力】株式会社ポケモン

【協力】群馬県立自然史博物館、豊橋市自然史博物館、島根県立三瓶自然館 ほか

開催概要

 独立行政法人国立科学博物館では、地域の複数の博物館と協働して、多くの方が楽しんでもらえるような展示を作り、それを全国に巡回させる事業を行っています。

 本展示は、原案者の三笠市立博物館の相場大佑氏を中心に、当館をはじめとする複数の博物館や株式会社ポケモンが力を合わせて制作しました。人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する「カセキ」「カセキポケモン(*)」と私たちの世界で見つかる「化石」「古生物」をテーマにしています。「観察・比較」という科学の基本的な手法を体験しながら、これらの形や生態、それぞれの世界の化石研究の共通点・違いを発見し、楽しみながら古生物学を学ぶことができるのが特徴です。

 この展示は2021年の夏に北海道にある三笠市立博物館での開催を皮切りに、日本各地での巡回を予定しています。なお、国立科学博物館での開催は、2022年春を予定しています。

 *カセキポケモンとは…この展示では、ポケモンの世界の中にある「カセキ」から復元されるポケモンのことを「カセキポケモン」と呼ぶ。

巡回展の制作について

 2019年4月に独立行政法人国立科学博物館内に設置された「科学系博物館イノベーションセンター」では、博物館の持つ様々な資源を活用した取り組みを実施することで、当館の経営基盤の強化と地域の博物館も含めた科学系博物館の活性化を目指して事業を実施しています。

 本巡回展は、地域の複数の博物館と協働し、各博物館の学芸員の知恵と技術を集結し、一つの博物館だけでは制作が困難な規模・内容の展示を制作し、これを巡回することで、日本各地で質の高い企画展示を楽しんでもらうことを目的としています。

図:巡回展「ポケモン化石博物館」協業体制

三笠市立博物館について

三笠市立博物館は、北海道三笠市が1979年に設置した総合博物館です。

国の天然記念物に指定された「エゾミカサリュウ」など、1,000点もの化石が展示されており、別名「化石の博物館」として知られています。

中でもアンモナイトに関しては、大小様々な種類が並んでいて、世界屈指の展示となっています。

ポケットモンスターについて

・『ポケットモンスター』とは

ポケットモンスター、略してポケモンは、1996年2月27日に発売された任天堂ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター赤・緑』から生まれたものです。ポケモンは、このゲームソフトを原点として、カードゲーム、アニメ、映画、グッズ、イベントなどに派生して、様々な分野で世界中の人々から支持されています。

・株式会社ポケモンとは

ポケモンのブランドマネジメントを目的として設立。現在では、原点となる「ゲーム」をはじめとして、「カードゲーム」「TVアニメや映画などの映像作品」「グッズ」「タイアッププロモーション」「イベント」「直営店舗であるポケモンセンター」などを展開し、それらすべてをプロデュースしている企業です。

・「My First Pokémon プロジェクト」について

この展示制作には、株式会社ポケモンの「My First Pokémon プロジェクト」が協力しております。

「My First Pokémon プロジェクト」は、お子様とポケモンのより多くの接点を創出することを目的として活動しています。

YouTube公式チャンネル「ポケモン Kids TV」や教育医療機関向け無償イラスト提供サービス「ポケモンイラストラボ」などの企画・運営を担っています。

展示監修

・総合監修:三笠市立博物館 主任研究員・学芸員 相場 大佑(あいば だいすけ)
 専門:古生物学
 不思議な殻を持つ中生代白亜紀の「異常巻きアンモナイト」の進化や分類が研究テーマ。
 好きなポケモンは「オムナイト」。

イラストレーション

「ポケモン化石博物館」メインビジュアル
「ポケモン化石博物館」タイトルロゴと公式キャラクター“発掘ピカチュウ”

© 2021 Pokémon. © 1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

展示のみどころ1
展示のみどころ2
展示のみどころ3
展示のみどころ4

© 2021 Pokémon. © 1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

 

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ