スマートフォン版『Frostpunk Mobile』が発表、発売は2021年後半の予定。キャラクター開発やローグライク要素のあるアドベンチャーなど新機能が追加

 11 bit studiosとNetEase Gamesは、都市運営シミュレーションゲーム『Frostpunk(フロストパンク)』のAndroid、iOS版にあたるタイトル『Frostpunk Mobile』発表した。発売は2021年後半の予定だ。

 『Frostpunk』は凍てついた世界で都市運営をするサバイバル・シミュレーションゲーム。
 プレイヤーは都市の指導者となり、何もかもが凍りついてしまうような世界でさまざまな方針を定め、人々に命令を下していく。子供に働いてもらうのか、負傷した人の手足を切り落とすべきなのか、どのように人々の間の秩序を守るのか。不条理ともいえる過酷な世界で、プレイヤーは生き延びるためにあらゆる手をつくさなければならない。

(画像はSteam『Frostpunk』より)
(画像はSteam『Frostpunk』より)
(画像はSteam『Frostpunk』より)
(画像はTwitter「Frostpunk Mobile(@FrostpunkMobile)」より)

 今回の『Frostpunk Mobile』では、プレイヤーが慣れ親しんだオリジナル版『Frostpunk』のゲームメカニズムを忠実に再現。詳細は不明だが、ローグライク要素のあるアドベンチャー、法律とギルド、希少種の動物レスキューステーション、キャラクター開発などの新機能を搭載するようだ。

 今回の発表とともに、『Frostpunk』の開発元である11 bit studiosは、中国に拠点を置くNetEase Gamesと戦略的パートナーシップを締結することを発表。『Frostpunk Mobile』を展開していくと明らかにした。

 『Frostpunk Mobile』の詳細なリリーススケジュールは、5月20日(木)に開催されるNetEase Gamesの年次製品発表イベントで発表。また公式ウェブサイト、公式SNSでも順次発表していくとのことなので、続報を待つことにしよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ