刀を片手にサイバーパンク世界を忍者の如くパルクールで駆け抜ける『Ghostrunner 2』正式発表。続編は次世代機とPC向けに開発へ

 505Gamesはサイバーパンク・パルクールアクション『Ghostrunner 2』を発表した。プラットフォームはPlayStation 5、Xbox Series X|S、PC。発売日、価格などは不明。

 『Ghostrunner』は記憶を失ったサイバーウォーリアー「ゴーストランナー」となり、巨大な要塞都市を駆け抜ける一人称視点のサイバーパンク・パルクール・アクション。
 舞台は謎の天変地異により人類がほぼ死滅し、文明が崩壊してしまった近未来。人々は要塞都市「ダーマタワー」で暮らしていた。目覚めた主人公は、自分が何者でどこから来たのかもわからない。与えられた目的はただひとつ。ダーマタワーの最上階にいる都市を支配するキーマスターを倒すこと。

 忍者のような高速アクションを伴ったパルクール・アクションで駆け抜け、カタナや手裏剣で敵を華麗に打ち倒していく。怒涛のアクションでフィールドを突き進んでゴールまで辿り着いたらステージのクリアとなる。舞台となるダークタワーは高層ビルがライン乱立する退廃的な未来都市。こうした世界観や一瞬の油断が命取りになるゲームデザインがユーザーから好評だ。日本ではPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam、Epic Game Store)にて発売中。

(画像はGhostrunner(ゴーストランナー) ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)
(画像はGhostrunner(ゴーストランナー) ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)
(画像はGhostrunner(ゴーストランナー) ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 今回、発表された続編『Ghostrunner 2』は、ストーリー、ゲームプレイ、スクリーンショットなどは一切不明。本作のパブリッシャーである505 Gamesが、ポーランドのスタジオOne More Levelと『Ghostrunner 2』を開発することで合意し、初期予算として500万ユーロ(約6億6000万円)を拠出することを発表したもの。

 500万ユーロという額は505 Gamesの長期的なポートフォリオに貢献できるものとし、前作に引き続いてのOne More Levelとのコラボレーションはポーランドを筆頭にヨーロッパ市場での存在感を高められるものとしている。また前作『Ghostrunner』は60万本を売り上げたという。

(画像はGhostrunner(ゴーストランナー) ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 『Ghostrunner 2』の詳細はほとんど不明だが、次世代機ならではの表現に期待ができそうだ。続報に期待したい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ