初代「Xbox」が誕生から20周年。特設サイトと20年の歩みを記した記念動画が公開、SNSでXboxの思い出を募集中

 マイクロソフトは初代「Xbox」の登場から20周年を記念して、特設サイトと20年の歩みを記す記念動画を公開した。またハッシュタグ「#Xbox20」にて、SNSでXboxの思い出を募るという。

 家庭用ゲーム機であるXboxは、北米で2001年11月15日に発売、日本では2002年2月22日に発売された。とくに『HALO』シリーズが全世界で大ヒットしており、それまでFPSはPCゲームが中心だったが、本作ではコントローラーでもしっかりと操作できるようにチューニングしており、家庭用ゲーム向けのFPSを切り開いた。

 またほかにも、50個のボタン、3本のレバー、3つのペダルを設置された巨大専用コントローラーを使って戦闘ロボットを動かす『鉄騎』など、こだわり抜かれたゲームも登場した。

 2005年に発売したXbox 360は、対抗ハードのPS3よりも約1年早く発売し、ゲーム業界を牽引。日本でも『ギアーズ・オブ・ウォー』『アサシンクリード』『フォールアウト3』『The Elder Scrolls IV: Oblivion』など、良質な海外のゲームを手軽に楽しめるようになった。

 また『アイドルマスター』『シュタインズ・ゲート』はXbox 360からヒットしており、後に人気シリーズとなる地盤を固めた。坂口博信氏が手掛けた『ブルー・ドラゴン』『ロスト・オデッセイ』が楽しめるのも大きな魅力だった。

(画像はYouTube 「Xbox 20 周年」より)
(画像はYouTube 「Xbox 20 周年」より)

 ほかにもXbox Live Arcadeは重要なプラットフォームとなり、インディーゲーム『Braid』などの傑作が登場。数多くの名作シューティングゲームなどが移植された。またゲームのやり込みによって解除される「実績」機能は、後のゲーミングプラットフォームのほとんど標準的なものとなった。

 続いて2013年(日本では2014年)に発売されたXbox Oneは、最新ゲームが楽しめるだけではなく、Xbox 360用ソフトの後方互換を実現。のちにPC用に移植されているが、『Halo: The Master Chief Collection』『D4: Dark Dreams Don’t Die』などが独占タイトルとして楽しめむことができた。

 Xbox One X|Sでは、小型になっただけでなく、4K Ultra Blu-ray再生や4K映像のストリーミング再生に対応。当時の4K Ultra Blu-rayプレイヤーと比較しても破格の値段だったため、これを目当てに購入する人もいたほどだ。

(画像はYouTube「Xbox 20 周年」より)
(画像はCelebrating 20 Years of Xbox – Xbox Wireより)
(画像はCelebrating 20 Years of Xbox – Xbox Wireより)

 そして2020年に発売したXbox Series X|Sは、過去3世代の後方互換に対応。特にXは、最大8K解像度をサポートするハイパワーを実現した。また本体の発売に先駆けてサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」が始まっており、豊富なゲームを定額で楽しめることとなった。最新ゲームだけではなく、Xbox Game Passと後方互換によって数多くのゲームを1台のゲーム機で楽しめることになったのは大きな魅力といえるだろう。

 今回、公開された動画では約1分という短い時間ながらも、Xboxの歴史を凝縮。また初代Xboxの北米の発売月である11月まで各種グッズの発売、壁紙の配布、イベントなどのキャンペーンを随時行うとのことなので、チェックしてみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ