罪悪感を味わう社会派ノベルアドベンチャー『レプリカ』『リーガルダンジョン』PS4/Xbox One版が2021年内に配信決定。ロボバトルレーシング『Break ArtsⅡ』PS4版も年内発売へ。

 パブリッシャー(販売元)のPLAYISMは、日本のインディーゲームスタジオ「MercuryStudio」が開発するバトルレーシングゲーム『Break ArtsⅡ』のPlayStation 4版と、韓国の個人ゲーム開発者「Somi」氏が開発する『REPLICA(レプリカ)』『リーガルダンジョン』のPlayStation 4版およびXbox One版を2021年内に配信すると発表した。

 作品紹介を含むリリース文は以下のとおり。いずれの作品もPCで好評を受けている作品なので、興味があれば発売日の決定発表を待ってみてほしい。

世界中の良質なインディーゲームを届ける PLAYISM(プレーイズム)

バトルレーシング『Break ArtsⅡ』PS4 版、 『REPLICA(レプリカ)』、『リーガルダンジョン』PS4/Xbox One 版 と良質なインディーゲームが続々移植配信決定!

ゲームパブリッシングブランドの『PLAYISM』(https://playism.com/ja/)(運営:株式会社アクティブゲーミングメディア)は 日本のインディーデベロッパーMercuryStudio が開発する『Break ArtsⅡ』の PS4 版および韓国のインディーゲームデベロッパ ーSomi 氏が開発する『REPLICA(レプリカ)』、『リーガルダンジョン』の PS4/Xbox One 版をリリースすることをお知らせいたし ます。

バトルレーシング+ロボットカスタマイズで可能性は無限大。
PC 版で好評を博した『Break ArtsⅡ』が PS4 に登場。

『Break ArtsⅡ』概要

このブレイク[破壊]はアート[芸術]だ――。

誰より早く、誰より強く、そして美しく。バトルレーシングにロボットカスタマイズを組み合わせ、レース・バトル・カスタマイズそれぞれの楽しみを提供する。オンライン、オフライン、タイムアタック、君はどのモードで遊ぶ?

PC 版はプレイ時間 1,000 時間越えの猛者も多数。無限に遊べる名作が、PS4 に登場。

驚愕のカスタマイズ

様々な能力を持ったモジュールを組み合わせ、無限大の組み合わせを可能にする!

展開、分離、回転などのギミックを織り込んで、夢のマシンを創り上げよう。

その機体で勝利した君はきっと輝いている。

特徴
・ 美しいビジュアルデザイン
・ レースゲームの常識を超えた左右へのブースト
・ レース後、表彰台へ乗るときのポーズも指定できる
・ ロボット好きの方に大変お勧め

※画面は Steam 版のものです。

『Break ArtsⅡ』作品情報

■タイトル: Break ArtsⅡ
■開発元: MercuryStudio
■発売元: PLAYISM
■ジャンル: バトルレーシング+ロボットカスタマイズ
■プラットフォーム: PS4
■発売: 2021 年内予定
■価格: 未定
■レーティング:IARC7⁺
■対応言語: 日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語・
■権利表記: © MercuryStudio All Rights Reserved. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.

最高の罪悪感を味わえる『REPLICA(レプリカ)』、 『リーガルダンジョン』PS4/Xbox One でリリース決定!

『REPLICA(レプリカ)』『リーガルダンジョン』は韓国の個人インディーゲーム開発者 Somi 氏による「罪悪感三部作」の一作目、 二作目となる作品です。両作とも Nintendo Switch 版が 2020 年および今年 2 月に発売になり、『リーガルダンジョン』は一 時期ニンテンドーe ショップダウンロードランキング 7 位にランクインするなど、大変好評を博しました。同作をもっと多くの方に楽しん でいただけるよう、PS4 と Xbox One でもリリースいたします。

『REPLICA(レプリカ)』概要

あなたは見知らぬ場所に拘束され、持ち主の分からない一台の携帯電話を持っています。管理体制下にある国家の強要によって、 その携帯電話の中身を覗いて持ち主のテロ容疑の証拠を探して申告しなければなりません。もちろん最初の画面のロックを解除 するパスワードすらわかりません。携帯電話に残された様々な手がかり―ショートメッセージなどの記録を覗き見て推理し、ソーシャルメディアアカウントの ID やパスワードを割り出して“持ち主のテロリスト容疑の捜査”を進めていくことになります。

「他人の携帯電話の中にある私生活を覗きみる変態行為が、アナタをこの国最高の愛国者にしてくれるはずです。」という Somi 氏の言葉にふさわしく、管理国家のシニカルな世界観、サスペンスとスリル、そして背徳感-「罪悪感」を味わえる、コンパクトながら濃密な体験ができる稀有なゲームです。

※画面は Nintendo Switch 版のものです

『REPLICA(レプリカ)』作品情報

■タイトル: REPLICA(レプリカ)
■開発元: Somi
■発売元: PLAYISM
■ジャンル: インタラクティブノベルアドベンチャーゲーム
■プラットフォーム: PS4/Xbox One/Xbox Series X|S
■発売: 2021 年内予定
■価格: 498 円(税込)予定
■CERO: B
■対応言語: 日本語・英語・簡体字・韓国語・イタリア語・スペイン語・トルコ語・ポーランド語・ドイツ語・ロシア語
フランス語・ポルトガル語(ブラジル)
■権利表記: ©2016, 2020 SOMI Inc., Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc.
Xbox、Xbox One は、米国 Microsoft Corporation および、またはその関連会社の登録商標または商標です。

『リーガルダンジョン』概要

捜査書類を読み解き、法と証拠で被疑者と戦い、有罪、無罪の意見を提出せよ。

ゲームシステム

供述書や判例を読み解き、捜査書類をダンジョン内で作成

プレイヤーは新人女性警部補「清崎蒼」となり、供述書や判例などのテキストを読んで、それを元にキーワードを選んで「ダンジョン」 内で被疑者とバトルをし、検察に提出する「意見書」を完成させます。法律や判例など書類作成時に判断に迷う部分は、AI ア シスタントの「あおい」が常にガイドしてくれます。なお清崎蒼には「HP」が設定されており、ダンジョン内のバトルで HP がゼロになった り、時間制限付きのバトルでは時間を過ぎたりすると、ゲームオーバーとなります。

被疑者を起訴するも不起訴にするもあなた次第

蒼が扱う事件は、侮辱や窃盗、殺人など様々です。検察へ被疑者の起訴書類を送るのか不起訴の意見書を送るのかは、プレイヤー自身が決定できます。そして、その決定は被疑者の人生はもちろん、蒼の人生にも影響を与え、物語は分岐していきます。

あなたの決断が「評価」につながる

被疑者を起訴すればするほど、警察内における「成果ランク」は上がります。また適用法によって、警察内部でスコア(点数)がつけられており、これが所属する警察署や蒼の評価に影響します。

しかし、あなたの書類をもとに、検察が「起訴/不起訴」を判断します。検察が被疑者を起訴したとしても、裁判所の判決により無罪となることもあります。その判断が一致しない場合、検察や裁判所からのあなたの「法機関評価ランク」は下がってしまいます。警察内の評価、また法機関からの評価、いずれも低すぎるとゲームオーバーとなってします。正義を貫くのか、自分の名を上げるのか。判断に迫られながらあなたは捜査を進めることとなり、様々な罪悪感に苛まれることになるでしょう。

プレイした者の心に問題を突きつける社会派ミステリー

本作最大の魅力は、上述のような特異なゲームシステムをも内包したうえで展開されるそのストーリーテリングにあります。本作のす べての謎を解き明かした時、物語は一つに収束し思わぬ展開を迎えます。硬派な社会派ミステリーやサスペンス好きの方も唸る構 成となっています。「ダンジョン」とは何なのか。『リーガルダンジョン』における「真の犯人」とは。すべてを終えた時、開発者 Somi 氏 の祈り、あるいは痛みのような「何か」を確かに感じられるでしょう。

※画面は Nintendo Switch 版のものです。

『リーガルダンジョン』作品情報

■タイトル: リーガルダンジョン
■開発元: Somi
■発売元: PLAYISM
■ジャンル: 推理ノベルアドベンチャーゲーム
■プラットフォーム: PS4/Xbox One、Xbox Series X|S
■発売: 2021 年内予定
■価格: 980 円(税込)予定
■レーティング: IARC 12⁺
■対応言語: 日本語・英語・簡体字・韓国語
■権利表記: ©2019 2020 SOMI Inc., Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc
Xbox、Xbox One は、米国 Microsoft Corporation および、またはその関連会社の登録商標または商標です。

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2011-2021 Active Gaming Media Inc

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ