格闘ゲームマンガ『ゲーミングお嬢様』で『ウマ娘』に続いて『壺おじ』回。その凶悪な難易度からeスポーツに共通する「成長への渇望」、「成功体験」を説く

 格闘ゲームを題材にしているWebマンガ『ゲーミングお嬢様』にて、『ウマ娘 プリティーダービー』を紹介する回に続き、「壺おじ」こと『Getting Over It with Bennett Foddy』を彷彿とさせる「杯おじ」を紹介する回がはじまり話題になっている。

 少年ジャンプ+にて連載されている『ゲーミングお嬢様』は、原作を大@nani先生、作画を吉緒もこもこ丸まさお先生が担当する作品。日本屈指のお嬢様ゲーマー「eお嬢様」たちが集う超有名校・聖閣東芸夢学園を舞台に、格ゲーeお嬢様「祥龍院 隆子」が己の威信をかけて格闘ゲームを闘い続ける熱き物語だ。

 現在、『ゲーミングお嬢様』は作中の格闘ゲーム大会「EJO JAPAN」にて、数々の強敵とバトルが繰り広げられている最中。だが前回、突然『ウマ娘 プリティーダービー』を紹介がはじまり、続いて今回は『Getting Over It with Bennett Foddy』を彷彿とさせる「杯おじ」を紹介する回となっている。

 『Getting Over It with Bennett Foddy』とは、壺に入った男がハンマーを使って山に登るゲーム。マウスを使ってハンマーを引っ掛けるだけの癖のある操作なため、少しでも操作を誤るとたちまち山をすべり落ち、スタート地点近くに戻されてしまう。セーブポイントやチェックポイントもないため、非常に難しいゲームだ。

(画像はSteam『Getting Over It with Bennett Foddy』より)
(画像は[GAME39]ゲーミングお嬢様 – 大@nani/吉緒もこもこ丸まさお | 少年ジャンプ+はこちらより)
(画像は[GAME39]ゲーミングお嬢様 – 大@nani/吉緒もこもこ丸まさお | 少年ジャンプ+はこちらより)

 そんな『壺おじ』を彷彿とさせる「杯おじ」だが、この凶悪な難易度からゲームにおける「成長への渇望」、「成功体験」を祥龍院隆子が説く内容となっており、はからずも『壺おじ』とeスポーツに共通点があることに気付かされる内容となっている。biim兄貴風にゲームのポイントを言語化しており、攻略の参考にもなりそうだ。

 読者からは「他人に努力で勝てるかは分からないけど、昨日の自分には努力で勝てるは名言」、「前週のウマ娘に続いてまさかの2週連続の閑話休題」、「いい話だった」と、自由な展開する『ゲーミングお嬢様』に突っ込みつつも、その内容に感心した人が多いようだ。

 なお『ゲーミングお嬢様』は次週からは通常の回に戻るとのことで、「EJO JAPAN」の熾烈な戦いが描かれそうだ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ