亡霊ひしめく邸宅で自らの死の真相に迫るVRホラーアドベンチャー『レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフ』のSteam VR版が配信開始

 Fast Travel Gamesは5月26日(水)、VRホラーアドベンチャー『レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフ』Steam VR向けに発売した。

 舞台はTRPG『ワールド・オブ・ダークネス』の世界。プレイヤーは降霊術を失敗したことで幽霊になってしまった写真家のエド・ミラーとして、超自然的な能力を駆使しながら自らの死の謎に迫るためバークレイ邸を探索していくこととなる。
 バークレイ邸にはスペクターと呼ばれる凶暴な亡霊が存在するが、プレイヤーができるのは回避のみ。恐ろしい亡霊から逃げながら、謎を解くヒントを探そう。

 また、本作は緊張とサスペンスに基づいたホラー体験ができるとのことで、バークレイ邸の恐ろしい雰囲気や物語をじっくり楽しめる作品となっている。

 今回のSteam VR版発売にあわせて、すでにリリースされているOculus QuestとOculus Riftにてアップデートが行われバグが修正されたほか、バークレイ邸での収集物が10個追加されている。
 なお、2021年後半にはPSVR版のリリースも予定している。

 また、電ファミニコゲーマーでは本作のレビュー記事を投稿しているのでこちらも併せてチェックしていただきたい。

 価格は3090円。さらに5月31日(月)まではSteamにて10%割引の2,781円で購入することができる。

 リリース全文は以下のとおり。

—————————————————
『レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフ』がSteamVRで発売

高い評価を得ているVRホラーゲームがSteamで期間限定の10%割引で購入可能に!
全てのプラットフォームで無料コンテンツアップデートも追加
—————————————————
Fast Travel Gamesは、『レイス:ジ・オブリビオン アフターライフ』(英語名:Wraith: The Oblivion – Afterlife)をSteamにて希望小売価格3,090円で発売しました。Oculus Quest、Oculus Rift、SteamVRでの配信が開始されたことで、HTC ViveやValve Indexヘッドセットをお持ちの方は、高い評価を受けたこのVRホラータイトルをご自身で体験することができます。
5月31日までは、Steamで10%の割引価格2,781円で購入することができます。
このSteamVR版の発売と同時に、すべてのプラットフォーム向けに無料のコンテンツアップデートを行い、
バグを修正するとともに、プレイヤーが「レイス」に深く入り込むためにバークレイ邸で見つけられる10個の収集物を追加しました。

ローンチトレーラーはこちら: https://youtu.be/Q3GvEd2qkFo

『レイス:ジ・オブリビオン アフターライフ』は、ストーリー重視のVRホラーゲームで、
「ワールド・オブ・ダークネス」の世界を舞台にした初のVRタイトルです。
プレイヤーは、写真家のエド・ミラーとなり、謎の降霊術が失敗した後にレイスとなってしまいます。
自分の死の真相を明らかにするために、超自然的なレイスの能力を使ってバークレイ邸を探索し、最も暗い秘密を明らかにしていきます。
しかし気をつけてほしいのは、スペクターと呼ばれる凶暴な霊が影に潜んでいて、あなたをすべてのものの終わりであるオブリビオンに送り込もうとしていることです。

背中が凍る雰囲気と魅力的なストーリーを兼ね備えた『レイス:ジ・オブリビオン アフターライフ』は、ジャンプスケアではなく、
緊張とサスペンスに基づいたVRホラー体験を提供します。
バークレイマンションの謎を解くためには、プレイヤーは自衛の感覚を頼りにスペクターを避けたり、出し抜いたりする必要があります。

Fast Travel Gamesの共同設立者でクリエイティブ・ディレクターのErik Odeldahl氏は、
「我々は先月、Oculusヘッドセットで『レイス:ジ・オブリビオン アフターライフ』のOculus版を発売しましたが、
プレイヤーからの圧倒的にポジティブな反応に圧倒されました。
このゲームは、現在発売されているVRホラーゲームの中で最も高い評価を得ており、これ以上の誇りはありません」と述べています。
「当ゲームの制作を始めたとき、私たちは大好きなホラーの世界で物語を語りたいと思いました。
多くの人が『レイス』を楽しんでくれているので、大変開発の励みになっています。」

レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフの主な特徴

* レイスになる:プレイヤーの死自体が、解決すべき謎になっている。レイスとなったプレイヤーは、超自然的能力を使って壁を通り抜けたり、
他の霊の動きを追ったり、遠くにある物を操作しながら、バークレー屋敷の恐ろしい過去を暴き出し、自分の死に関する真相に迫る。
* バークレー屋敷を探検: バークレー屋敷は、ハリウッドの退廃、オカルト研究、恐ろしい化け物で満ちた豪華な邸宅だ。
復讐に燃える霊を避けながら、レリック・アイテムやレイスの能力を使ってヒントを探す。
* 亡霊に用心:怒りと復讐心に燃え、敵意をむき出しにして屋敷の壁を徘徊する亡霊は、それぞれ独自の過去を持ち、より大きな謎に関係している。
プレイヤーは身を守る手段をあまり多く持たないため、彼らを回避し、出し抜くしかない。
敵の目的はただ一つ、プレイヤーをあらゆるものの終わりであるオブリビオンへ送ることなのだ。
* ワールド・オブ・ダークネスをVRで体験:レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフは、
ヴァンパイア:ザ・マスカレード、ウェアウォルフ:ザ・アポカリプス、その他を含む共有世界ワールド・オブ・ダークネスを舞台とした一人称VRホラーゲームだ。

すべてのアップデート内容が記載されたパッチノートの全文は、公式ウェブサイトでご覧いただけます。

現在、『レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフ』はOculus Quest、Oculus Rift、SteamVR版を購入することができます。
PSVR版は2021年後半に発売予定です。


『レイス:ジ・オブリビオン – アフターライフ』の詳細は、公式サイト、 Twitter、そしてYouTubeをご覧下さい。

# # #

Fast Travel Gamesについて
Fast Travel Gamesは、ストックホルムを拠点とするVR限定のゲーム開発会社。
Angry Birds 2、Mirror’s Edge、Battlefieldシリーズなど、世界的ヒットを飛ばしたゲームで確かな実績を持つベテランによって創立され、
Apex Construct、The Curious Tale of the Stolen Pets、Budget Cuts 2といった大好評VRタイトルを手掛けてきた。

ワールド・オブ・ダークネスについて
ワールド・オブ・ダークネスは、ヴァンパイア:ザ・マスカレード、ウェアウォルフ:ザ・アポカリプス、
その他数多くのモダン・ファンタジー・ホラー・フランチャイズを持つトランスメディア・エンターテインメント・ブランド。
テーブルトップ・ロールプレイング・ゲーム、ビデオゲーム、ボードゲーム、文学、漫画、その他を通じて、
これらのフランチャイズは現代世界の上に敷かれたダークな超自然ファンタジーの大人の物語を語る。
1991年以来、ワールド・オブ・ダークネスは何世代ものファンのために、モンスター視点のエンターテインメントを定義してきた。
さらに詳しくは、www.worldofdarkness.comを参照。

Oculusについて
Facebook Reality LabsのOculusチームは、世界クラスのVRハードウェアとソフトウェアを通じて、人々が距離を感じさせず、
お互いに、そして世界とつながることを可能にします。
Oculusのコンテンツチームは、クラス最高のゲーム、物語性のある体験、フィットネス、生産性、旅行などの新しいVRの使用例の創造を追求しています。
Oculusは、最先端の研究、コンピュータビジョン、ハプティクス、ソーシャルインタラクションなどを専門とするFRLの他のチームに加わります。
フェイスブック・リアリティ・ラボは、たゆまぬ革新により、最先端の技術を推進することを約束します。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ