ソニー、プレイヤーの対戦相手やパートナーとなる「AIエージェント」の開発を進めていると公表。AIがいればフレンドがいなくてもゲームを一緒にプレイできる?

 ソニーグループは、5月26日(水)に開催した「2021年度 経営方針説明会」にて、AIの強化学習を活用し、プレイヤーの対戦相手またはパートナーとなる「ゲームAIエージェント」の開発を進めていることを公表した

 新会社「Sony AI」と、PlayStationを擁する「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」の協業となる。

(画像はプレゼンテーション資料(スピーチ付き)(PDF)より)

 Sony AIは、AIの研究開発を加速し、ソニーグループの擁するロボティクス技術や、映画・音楽・ゲームなどのエンタテインメントの資産を掛け合わせ、事業の変革と創出に貢献することを目標としている会社。2019年11月に設立を発表した

 このSony AIとソニー・インタラクティブエンタテインメントが、プレイヤーの対戦相手またはパートナーとなる「ゲームAIエージェント」の開発を進めているという。詳細は語られなかったが、今年4月に各メディアに報じられたAIに関する特許が関係があるのかもしれない。

レベルアップなどの面倒なゲームの作業、AIが肩代わり? SIEが申請した「タスクをプレイするためのAI制御モード」の特許が公開される

 この特許は、プレイヤーが苦手とする作業や、対戦相手との戦いを肩代わりしてくれるプレイヤーの分身となるAIだ。そのAIは普段のゲームプレイを通して、レイヤーのゲームスキルを学習。AIキャラクターとなって、プレイヤーが思考し操作しているかのように自律して動く。
 そのためマルチの対戦ゲームでAIキャラクターの戦いを肩代わりしてもらい、プレイヤー自身は仕事に行ったり食事をすることができる。ゲームを止めずにゲームから離れることができるわけだ。もちろんそうした作られたAIキャラクターをシェアできることも原理的には可能だろう。

 今回の説明のように、プレイヤーのパートナーとなるAIができると、友達がいなくても協力型ゲームや対戦ゲームを楽しめる時代がやってくるかもしれない。

 そうしたAI技術がどのようなゲームの新しい遊びを作り出すのかはまだまだ未知数だが、ソニーがますますAIに力を入れていることは明らかなようだ。AIはこれからのゲームをどんどん変えていき、その流れを加速させていくだろう。ますます注目の分野といえそうだ。

ライターアイキャッチ
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ