一人称視点アクション『Dying Light – Hellraid』にストーリーモードなどを追加する無料アップデート公開。恐ろしいバアルの神殿に挑み、強力な武器を手に入れよう

 ポーランドのゲーム開発会社Techlandは、一人称視点アクション『Dying Light – Hellraid』のアップデートを公開した。大きな変更点は、ストーリーモードの追加だ。

 『Dying Light – Hellraid』はオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『Dying Light』の大型DLC。謎のアーケードゲームからゲームの世界に迷い込み、ゾンビではなくガイコツや悪霊のはびこるダンジョンで戦うことになる。

 これまでは襲い来る敵とただ戦うだけのDLCだったが、このアップデートで「ストーリーモード」を追加。ストーリーモードではバアルの神殿に挑み、強力な弓「堕落したジャスティス」が手に入る。

 ストーリーモードのクエストは今後も追加予定で、段階的にストーリーが展開していくという。コンテンツ不足などが批判を集めたDLCだったが、改善されるかもしれない。このほか、ビジュアルのアップグレードや新しい敵も登場。アップデートログは以下の通りだ。

Hellraidにストーリーモードを追加
Hellraidに入る際にストーリーモードか襲撃モードを選べるようになりました
新しいHellraidランク「征服者」を追加
新しいサウンドとアニメーションを追加
ミニマップに等値線が表示されるようになりました
弓(ストーリーモード)と両手持ちハンマーの新武器2種、スタミナ薬を追加
大きな盾を持ったガイコツが新たな敵として登場
Hellraidを出入りする際の装備の保管や回収が不要になりました
バランスおよびグラフィックの変更
小規模の調整およびバグの修正

(画像はSteam『Dying Light – Hellraid』より)
(画像はSteam『Dying Light – Hellraid』より)
(画像はSteam『Dying Light – Hellraid』より)
(画像はSteam『Dying Light – Hellraid』より)

 『Dying Light – Hellraid』はPlayStation 4、Xbox One、PCで配信中。Steamでは『Dying Light – Hellraid』が30%オフのほか、本体も含めてセール中だ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ