レトロ風FPS『Agent 64: Spies Never Die』無料体験版が配信開始。NINTENDO64の『ゴールデンアイ』に強く影響を受け、スティック1本での操作も再現された作品

 ゲーム開発者のReplicant D6は、レトロ風FPS『Agent 64: Spies Never Die』の無料体験版をSteamにて配信開始した。ミッションの内容は比較的平易な英文ではあるが、日本語化もされている。

 なお、体験版は「アルファデモ」となっているため、完成版とは内容が異なる可能性もある。

 『Agent 64: Spies Never Die』はNINTENDO64で発売された『ゴールデンアイ 007』『パーフェクトダーク』に影響を受けたFPSだ。プレイヤーは世界を股にかけて活躍する「エージェント64」となり、困難なミッションに挑む。

 体験版を遊んでみたが、グラフィックやプレイ感で、かつて『ゴールデンアイ 007』にはまり込んだプレイヤーなら懐かしさを感じずにはいられないはずだ。近接攻撃はもちろんチョップで、「撃つとなぜか爆発する戸棚」のような小ネタも再現されているのが楽しい。

 NINTENDO64はスティックが一本のため、かなり強力なオートAIMが搭載されていた。本作もある程度画面の真ん中に敵がいれば、自動的に狙ってくれる。

 スティック2本で操作する現代風のFPSに慣れしたしんでいれば、なぜこんなにも強力なオートAIMがついているのか理解が難しいかもしれない。そこで本作には、1本のスティックでゲームを操作できるクラシックコントロールモードがオプションで追加されている。

 クラシックコントロールを有効化すると、左スティックの上下が前後移動、左右がその場で視点を回転する少し変わった操作になる。右スティックの上下は視点の上下移動、左右は左右へのカニ移動となる。

 左スティックがNINTENDO64の3Dスティック、右スティックがCキーの操作に相当する。コントローラーの形状が大きく違うため当時の操作感を完全再現とはいかないが、知っている方には懐かしく、当時を知らない方にはスティックが1本しかなかった頃のFPSの操作を追体験するチャンスになるだろう。

(画像は任天堂公式サイトより)

 体験版で遊べるミッションはひとつだけ。しかし、難易度によってゲーム内に登場する敵の数だけでなく、こなすべきミッションやマップの広さ自体も変わる。もっとも簡単なシルバーエージェントは基地に潜入してフライトデータをダウンロードし、ヘリポートから脱出するだけ。

 一方の最高難度エージェント64では基地に潜入するためにセキュリティを解除し、サーバールームに爆弾を仕掛けて司令部に脱出するために無線で連絡を入れるなど、さらに多くの目標を達成しなければならない。

(画像はSteam『Agent 64: Spies Never Die』より)
(画像はSteam『Agent 64: Spies Never Die』より)
(画像はSteam『Agent 64: Spies Never Die』より)
(画像はSteam『Agent 64: Spies Never Die』より)

 『Agent 64: Spies Never Die』は2021年内の早期アクセスに向けて開発中。ゲームに興味がある方は、体験版をプレイしてみてほしい。

 Steamでさまざまなゲームの体験版などが遊べる「Steam Next Fest」が6月17日より開催する。すでに体験版が配信されている本作以外にもさまざまなゲームの体験版が配信される予定なので、今後のPCゲームに興味があれば参加してほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧