『ファイナルファンタジーIX』がアニメ化へ、フランスに拠点を置くCyber Group Studiosが発表。『FF9』が家族向けアニメシリーズに

 Cyber Group Studiosは、スクウェア・エニックスと『ファイナルファンタジーIX』初のアニメシリーズにおける独占的オプション契約の締結をプレスリリース(PR Newswire)で発表した。

 ゲームの世界を再現した家族向けのアニメ化が展開されるという。

(画像はMy Nintendo Store『ファイナルファンタジーIX』より)

 『ファイナルファンタジーIX』は、2000年にPlayStationで発売されたRPG。全世界で累計出荷本数550万本以上の大ヒットを記録した。

 ストーリーは、盗賊の裏の顔を持つ旅芸人一座「タンタラス」団に所属する団員ジタンが、アレクサンドリア王国の王女ガーネットの誘拐を企てるところからはじまる。だが、偶然にも王女ガーネットは自ら国を出ようとしており、結果タンタラス団のガーネットや彼女の護衛の騎士スタイナーと共に行動するようになる。

 道中で黒魔導士の少年ビビや、ク族のクイナらを加えた一行は、旅の中で自らの出生の秘密や、命の根源たるクリスタルの存在を知り、この星を狙う敵との戦う運命に巻き込まれていく。

 今回のアニメ化は、8~13歳の子供たちを主な対象とした冒険アニメで、家族で楽しめるものになっているという。また、スクウェア・エニックスの監修により、ゲームの世界観を維持しつつ、大きな演出やエンターテイメント性を盛り込む。ゲームユーザーにも喜んでいただける内容となっているという。

(画像はMy Nintendo Store『ファイナルファンタジーIX』より)
(画像はMy Nintendo Store『ファイナルファンタジーIX』より)
(画像はMy Nintendo Store『ファイナルファンタジーIX』より)

 アニメ化を手掛けるCyber Group Studiosは、アニメーションシリーズの制作・配給を行うリーディングカンパニー。2005年に設立され、約150名の従業員を擁する同社は、パリとロサンゼルスにオフィスを構え、パリとルーベ(フランス)にスタジオを持っている。

 Cyber Group Studiosの会長兼CEOのピエール・シスマン氏とCOOのドミニク・ブルス氏は、「スクウェア・エニックスの友人たちと一緒に、このような大きな冒険に参加できることを光栄に思います」とコメント。「世界中の何億人ものファンや、子供から大人までの新しい一般の人々に向けて、このような大規模な機会を提供することは、とても大きな挑戦であり、非常に誇りに思っています。フランスと米国のチームにとっては夢のような話であり、この素晴らしいブランドを尊重した素晴らしいエンターテインメント作品を作ることを楽しみにしています」と述べている。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧