『マインクラフト』でわずか3時間ほどしかダウンロードできなかった幻のバージョン「a1.1.1」が発見される。『マイクラ』のすべてのバージョンを収集しようとする団体は大喜び

 『マインクラフト』はリリースから10年以上がたったが、今なお精力的なアップデートが続いている。そんな『マインクラフト』で、わずか3時間25分しかダウンロードできなかったという幻のバージョンが発見され大きな話題となっている。

 2010年9月18日に公開された非常に珍しいバージョンa1.1.1を発見したのは、Luna氏。海外メディアKotakuが報じている。

(画像はminecraftforum.netより)

 『マインクラフト』wikiによると、バージョンa1.1.1は今でも利用できる「スニーク」(デフォルトでShiftキー)が追加されたほか、新しい絵画や釣りざおが実装された。一方、ガンマス値とコントラスト値のバグにより、画面が灰色一色になってしまう問題を抱えていた。

 致命的なバグだったため、わずか3時間ほどでa1.1.2に更新された。そのため、a1.1.1は非常に珍しいバージョンとなった。

 多くのプレーヤーにとってはあまり重要ではないこのファイルだが、『マインクラフト』のあらゆるバージョンを保存する集団「オムニアーカイブ」にとっては重要だった。何年にもわたって探索し続けていた彼らが最終的に見つけたのが、Luna氏の2010年9月18日のツイート「oooooohhhhhhh MineCraft update!」だった。

 コミュニティのメンバーA. M. Avery氏がLuna氏に接触し、ファイルの探索を依頼。それを受けて古いラップトップを探したLuna氏が、a1.1.1のファイルを発見した。

 ファイルが見つかったことを知ったオムニアーカイブのメンバーは、Discordで喜び半分不振半分で迎えた。しかし、そのファイルを確認した後は喜びの書き込みで満ちた。

 Luna氏によると、ファイルのタイムスタンプを確認したところ、バージョンa1.1.2がリリースされる90秒ほど前にダウンロードされていたという。

 この貴重なファイルだけでなく、ほかにもハードディスクドライブに残されていた珍しいファイルがあったようだ。後日、「in-20091231-2」と「inf-20100616」が発見されたことも報告されている。

 ほかにどんなバージョンが見つかっていないか知りたければ、オムニアーカイブのドキュメントを確認してほしい。「Javaクライアント」のタブ内の赤と黄色の項目が見つかっていないバージョンだ。もし『マインクラフト』を古くから遊んでいるプレーヤーは、「minecraft.jar」を検索してみてほしい。意外なお宝が眠っているかもしれない。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧