「トレーディングカードゲーム」のリアルオークションが東京銀座にて開催へ。『遊戯王』の「ブラックマジシャンガール」エラーカードや「神のカード」3枚セットなどが出品予定

 有限会社川端商店は「トレーディングカード」のリアルオークションを8月7日にベノア銀座で開催することを発表した。

 最大250人入ることのできる会場に招かれるのは100人で、新型コロナウイルス対策を万全に施して行う予定。チケットの販売は公式サイトにて後日開始される。

 オークションのTwitterアカウントでは競売にかけられる予定のカードがいくつか紹介されている。近日中にオークションカタログは公式サイトにて公開予定だ。

 記事執筆時点で公式ツイッターアカウントにてオークションにかけられるものとして紹介されているカードは、『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム』のものになっている。「ブラックマジシャンガール」のエラーカードや非常に状態のよい「万物創世龍」「神のカード」3枚セットなどが紹介されている。

 秋葉原でカードショップエルドラードを運営するしゃま株式会社をはじめ、コレクションカード専門の高級サプライブランドGINZOを展開する株式会社GAIAMONDなどが合同で多数のレアカードがオークションにかけられる。

 このオークションは、海外だけでなく日本でも浸透してきているコレクションカードを投資対象として扱う層が増えてきており、新規ユーザーの定着と、既存のコレクターの方に新たな楽しみ方を提案するための試みとして開催されるという。

 海外のカードゲームのオークションにて、非常に高額でカードが取引されるというニュースを耳にすることが多くなってきた。『マジック:ザ・ギャザリング』の「ブラックロータス」は特に高額で有名だ。

 ほかにも、『ポケモンカード』の「リザードン」も最近オークションにかけられることが話題となった。『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム』では、たった500枚しかない純金製の「青眼の白龍」が中国のオークションにかけられ、いたずら入札だとされて取り消しとなったが一時は15億円もの値がつけられた。

 オークション当日は、GINZOのコレクションカード用サプライ商品のプレゼントも行うという。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧