ベストセラー絵本を原作とするパズルアドベンチャー『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』Nintendo Switch版の予約受付がスタート。Steam版も好評配信中

 パブリッシャー(販売元)のPixmainは、パズルアドベンチャーゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』のNintendo Switch版を7月15日(木)に発売すると発表した。マイニンテンドーストアでは7月1日(木)から予約受付中だ。

 価格は通常税込1180円だが、7月14日(水)までの期間は17%オフの979円で購入可能。なお、6月22日からはPC(Steam)版も配信されている。

 『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』は、イラストレーターのカミガキヒロフミ氏が代表を務めるIC4Designによるベストセラー絵本『迷路探偵ピエール』をもとに制作された作品である。本作ではプレイヤーが名探偵「ピエール」となって、盗まれた秘宝「迷路ストーン」を取り戻すための大冒険を繰り広げる。

 発表によると、作中では原作同様に描かれた精巧な迷路のマップを探索。マップ内には隠しアイテムが用意されているほか、道中で出会う人々と会話することでサイドストーリーも楽しめるという。

(画像はマイニンテンドーストア『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』より)
(画像はマイニンテンドーストア『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』より)
(画像はマイニンテンドーストア『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』より)

 本作の開発を手がけたのはフランスのマルチメディアスタジオであるDarjeelingだ。同社は人体の動きを機械で表現するパズルゲーム『Homo Machina』(2018)のほか、アーティスティックなドキュメンタリー作品・アニメーション作品で知られる。

 Nintendo Switch版は情報番組「Indie World」でも紹介されているが、2021年4月の時点で発売日は確定していなかったため、楽しみにしていた人もいることだろう。

『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』が2021年春にNintendo Switchで発売決定。名探偵ピエールとなり、緻密に描かれたイラストを背景に怪盗Xの行方を追え

 Nintendo Switch版『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』の予約受付開始に関するリリース文は以下のとおり。ゲームの最新情報やイベントに興味があれば作品公式Twitterアカウント(@LabCity_JP)もチェックしてみてほしい。

迷路探検型インディーズゲーム『迷路探偵ピエール』のSwitch版の先行発売を本日開始!!PC版もSteamにて好評販売中!

迷路探検型インディーズゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』のSwitch版(https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000038744.html)の先行発売が本日7月1日から開始されました。7月15日から一般発売を開始いたします。
PC版は既に6月22日に発売が開始されており、現在Steamのストアにて好評発売中です。現在1180円で販売しており、Switch版の予約期間中(7月1日~7月14日)は17%引きの980円でご購入いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=_HJUTfS6Kfs

迷路アドベンチャーゲーム『迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』(https://store.steampowered.com/app/1421790/_/ )は、フランスのDarjeelingスタジオが日本のIC4Designのベストセラー絵本『迷路探偵ピエール』を元に制作したものです。プレイヤーはゲーム内で探偵ピエールとして、精巧に描かれ変化に富んだ10個の迷路を探索し、怪盗Xを捕まえるためマップに隠された手がかりを探します。また、プレーヤーはマップ内でNPCと会話することで手がかりを見つけ出し、宝箱の収集や、シークレットミッションの完了でクリアすることができます。

ゲームの特徴:

・『迷路探偵ピエール』は日本のIC4Designのベストセラー絵本『迷路探偵ピエール』を原作として制作された迷路探検型ゲームです。精巧に描かれた手書き風イラストで、プレイヤーの皆様を複雑に入り組んだ多彩な世界へ引き込みます!
・100個以上のコレクション、隠されたパズル、バラエティーに富んだマップ、巧妙に隠された手がかりなどの要素。
・500個以上のギミックにより描き出される、ゲームの背景や、アイテム、生き生きとしたキャラクター。
・幼少期を思い出させてくれるオリジナルサウンドトラックや手書き風イラスト。
・様々な情報が錯綜する中、怪盗Xを追跡して宝石を取り戻し、パズルを解いてミッションをクリアしましょう!
・対応言語:中国語(簡体字・繁体字)、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、韓国語

受賞歴:

・2020 IndieCade – 最優秀ビジュアルデザイン賞
・2020 Game Connection Asia国際ゲームショーアジア地区 – 最優秀芸術賞
・IndiePlay 2020 – 最優秀海外ゲームノミネート

Twitter: https://bit.ly/LC_JP
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000038744.html

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧