英国映画テレビ芸術アカデミーを受賞した若き開発者によるパズル・アドベンチャー『The Spectrum Retreat』がEpic Games Storeにて無料配布中。近未来のホテルで独創的なパズルを解き真相に迫る

 Epic Games Storeは、パズル・アドベンチャー『The Spectrum Retreat』無料配布を開始した。配布期間は7月9日(金)午前0時まで。Epic Games Storeのアカウントに登録すれば、それ以降もダウンロードして遊べる。なお日本語には対応していない。

 『The Spectrum Retreat』は、謎に満ちたアールデコ調のホテル「ペンローズ」から脱出する一人称視点のパズル・アドベンチャーゲーム。

 何もないホテルの一室で目を覚ました主人公アレックス。ドアをノックすると、ホテルのスタッフが親切に応対してくれるが、それは口にスピーカーがついた不気味なアンドロイドだった。アレックスは電話からを通じて話しかけてくる謎の人物クーパーの手を借りて、ホテルのフロアをひとつずつ昇っていかなくてはならない。しかし目の前にはパズルが立ちふさがっていた。

 手持ちのデバイスを使いながら、ホテルにあるキューブの色を変えるパズルを解きながら、ホテルの探索する領域を広げ、このホテルに隠された真実を追っていこう。

(画像はEpic Games Store『The Spectrum Retreat』より)
(画像はEpic Games Store『The Spectrum Retreat』より)
(画像はEpic Games Store『The Spectrum Retreat』より)
(画像はEpic Games Store『The Spectrum Retreat』より)

 本作は個人ゲーム開発者のダン・スミス氏によって3年かけて開発、2018年に正式リリースをした。

 なお前身となる初期バージョン『The Spectrum』から数えると、ダン・スミス氏は15歳から開発をはじめており、5年もの開発期間を経て完成させているということになる。『The Spectrum』は、2016年に「英国映画テレビ芸術アカデミー」の15~18歳を対象とした「BAFTAヤングゲームデザイナーゲームメイキング賞」を受賞している。

 パズル・アドベンチャー『The Spectrum Retreat』の配布期間は7月9日(金)午前0時まで。忘れずに登録しておこう。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧