『アサクリ』シリーズ最新作『アサシン クリード インフィニティ』発表。Ubisoftの主要スタジオ2社がコラボ開発体制を敷き、新時代の『アサシンクリード』を目指す

 Ubisoftは、『Assassin’s Creed Infinity』(アサシン クリード インフィニティ)発表した。本作の詳細はまったく明かされていないが、Ubisoft MontrealとUbisoft Quebecのふたつのスタジオのコラボレーション体制で開発されるという。

 「私たちはまさに今、この決定が今後何年にもわたって『アサシン クリード』シリーズの未来に影響を与える瞬間にいるのです」と、Ubisoftは本作への並々ならぬ期待を語っている。

(画像はUbisoft公式サイトより)

 『アサシン クリード インフィニティ』はふたつのスタジオのコラボレーション作品となるが、開発を率いるのはマルクアレクシ・コテ氏。氏はUbisoft Quebecの創設メンバーで、『アサシン クリード ブラザーフッド』からシリーズの開発に参加し、最近では『アサシン クリード オデッセイ』のシニア・プロデューサーを務めた。

 Ubisoft Montrealからはジュリアン・ラフェリエール氏がシニアプロデューサーを務める。氏は2007年の初代『アサシンクリード』の開発に参加し、最近では2020年11月に発売された『アサシン クリード ヴァルハラ』のプロデューサーを務めた。

 こうしたコラボレーションはスタジオを中心とした開発ではなく、Ubisoftのスタッフ全体の才能とリーダーシップに焦点を当てた進化の方向を探るようだ。シリーズが高い評価を得てきたキャラクター、ロケーション、文化の描写に影響を与えてきたさまざまな背景や視点を持つ多文化チームによって開発を推し進める。

 Ubisoftによると、ディスカバリーツアーの追加が発表された『アサシン クリード ヴァルハラ』とともに、『アサシン クリード インフィニティ』の詳細は後日公開されるとのことだ。

(画像はUbisoft公式サイトより)
ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ