「キリスト」の人生を体験するシミュレーションゲーム『I Am Jesus Christ』の最新開発動画が公開。Unreal Engine 5の機能から「ルーメン」を紹介する

 SimulaMは、同社が開発するキリストシミュレーションゲーム『I Am Jesus Christ』の開発ログを更新し、Unreal Engine 5に移行後ふたつめの技術デモンストレーション動画を公開した。今回は間接光を表現できる「ルーメン」を紹介している。

 『I Am Jesus Christ』は、新約聖書に記されたキリストの誕生から復活までの人生を一人称で体験できるゲームだ。プレイヤーは、初めてキリストが宣教を始めたガリラヤから処刑され復活したエルサレムまで、さまざまな聖地を旅することになる。

 最後の晩餐や聖書にも具体的に記されていないキリスト復活の瞬間など、歴史的なイベントを一人称視点で楽しめる。

 旅の中でプレイヤーはキリストとしてさまざまな奇跡を起こすことになる。5つのパンとふたつの魚を増やして5000人の人々に食事を分け与えたり、生まれつき盲目の人の目を治したり、海を鎮めたりと実行できる奇跡は30種類以上。

 精霊の力を受け取り、祈りをささげることでキリストの力はより高まっていく。サタンと戦うこともあるようだ。

(画像はSteam『I Am Jesus Christ』より)
(画像はSteam『I Am Jesus Christ』より)
(画像はSteam『I Am Jesus Christ』より)
(画像はSteam『I Am Jesus Christ』より)

 『I Am Jesus Christ』は6月に使用エンジンをUnreal Engine 5へと変更。本作は2022年発売を目指して開発が進められている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧