海外ファンが初代『ゼルダの伝説』の有名フレーズ「ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ」でプロポーズ。ロマンあふれる粋な演出でシリーズファンの歴史に新たな愛の「伝説」の1ページが刻まれる

 「ゼルダの伝説」ファンによる、シリーズに登場する「ある有名な台詞」を使ったプロポーズが海外で話題を集めている。ゲームメディアのGame Rantが報じた。

 1986年の発売以来、多くのファンに楽しまれている「ゼルダの伝説」シリーズ。コスプレやイラスト、作中アイテムの再現などをはじめ、ファンたちはさまざまな方法でシリーズへの愛を表現してきた。だが、今回取り上げる愛の形は必ずしも作品だけに向けられたものではない。

 7月7日(水)、海外フォーラムサイトRedditの登録者数200万人を超えるコミュティ「The Legend of Zelda」に2枚の写真が投稿された。

(画像はRedditより)
(画像はRedditより)

 「昨日の夜、彼女にプロポーズされました」というタイトルとともにポストされた画像の1枚目は、劇中に登場する架空の国家「ハイラル」の紋章が刻まれた木製の小箱。続く2枚目の画像には箱の中央に鎮座する結婚指輪と、フタの背面に彫られた「It’s dangerous to go alone, take me?」の文字。

 このフレーズを聞いてピンと来た方も多いだろう。ファンならずとも一度は使ってみたいこの粋な口説き文句は、初代『ゼルダの伝説』の冒頭で主人公のリンクに剣をさずけた老人へのオマージュだ。

 オリジナル版の台詞は「It’s dangerous to go alone! Take this.(ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ)」。今回のプロポーズを日本語に翻訳するなら、さしずめ「ヒトリデハキケンジャ ワレヲ サズケヨウ」といったところか。もちろん返事は「イエス」。ゼルダファンの歴史に新たな愛の伝説の1ページが刻まれた。

 このロマンあふれる投稿に対し、スレッド上では多くの祝福の言葉や、リンクのアイテム入手時のポーズにちなんだ「その指輪、キメ顔で掲げてみせたんだよね?」といったユニークなコメントが寄せられている。Nintendo Switch向けソフト『​ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』の発売が7月16日(金)に迫る中、本シリーズの世界的な人気を再確認させられるエピソードとなった。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧