数千種類もの選択肢から“人生をやり直す”アドベンチャーゲーム『Where the Heart Leads』PS4/PS5向けに発売。60万語以上のボリューム

 アメリカ・テキサス州に拠点を置くArmature Studioは、PS4向けアドベンチャーゲーム『Where the Heart Leads』を7月13日(火)に発売した。価格は税込2750円。PS5の後方互換機能へ対応している。

※2021年3月公開のリリース日発表映像

(画像はWhere The Heart Leads – PS4ゲーム | PlayStation JPより)

 『Where the Heart Leads』は家庭を持つ男性「Whit Anderson」の人間関係をテーマに、彼自身と家族の人生を体験する作品である。作中では、プレイヤーが選択肢を通して干渉することでWhit自身と家族の人生へ変化を及ぼしていく。

 2021年3月に公開されたPlaystation.Blogの投稿では、本作のディレクターを務めたTodd Keller氏が「自分だけの物語を作る」ゲームプレイの特徴を紹介している。

 投稿によると、本作へ収録されている文字数は60万語以上。膨大な選択肢と数十種類のエンディングが存在するという。また、投稿内では作中へ登場する選択肢の一例として「嵐による損壊をきっかけに賃貸住宅を追い出れた」際の選択が紹介された。

※「妻の所有する土地を売る」選択を選んだ場合は新たな住居へと移住することになる

※「想像力を働かせる」選択肢を選んだ場合は妻の土地へ独創的な建物が建つ

 Keller氏によると本作は『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』『Oxenfree』『ゼノギアス』『ベイグラントストーリー』といった作品から間接的な影響を受けているという。さらに、演出に関しては映画監督であるデイヴィッド・リンチ氏やウェス・アンダーソン氏、そしてニコラス・ウィンディング・レフン氏からの影響も受けているようだ。

 PlayStationの日本語公式サイトでは作品紹介ページもオープンしているので、興味があればチェックしてみてほしい。

(画像はWhere The Heart Leads – PS4ゲーム | PlayStation JPより)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ