XboxやPSでも使えると話題になった「チートツール」がActivisionの迅速な行動で開発停止に

 機械学習と外部ハードウェアを使うことでコンソールでもハードウェアに変更を加えずチートが可能になる、 USER101と名乗る開発者のチートツールの開発が中止となった。

 公式発表によれば、開発中止はActivisionの働きかけによるものであったという。発表時には「もうすぐ公開」とされていたが、すんでのところで公開されることはなかったようだ。

 このチートツールが話題になったのは、チートを開発集団の発見や警告を行うボランティアの反チート自警団「Anti-Cheat Police Department」の上記のツイートからだ。「XboxやPSでも動作可能」と謳うチートツールの登場は大きな話題となった。

 多くのチートツールはソフトウェアを違法に改ざんし、敵を自動で狙う「オートエイム」や壁を透視する「ウォールハック」などを実現する。一方で同件を報じた海外メディアArs Technicaなどが解説するように、このチートツールはキャプチャーカードでゲームを録画し、コンピュータビジョンを使って画像を解析、ユーザーの入力をエミュレートする外部ハードウェアでコントロールするため、ソフトウェアを改ざんしないのが大きな特徴だ。(参考:Ars Technica

(画像はAnti-Cheat Police DepartmentのTwitterアカウントより)

 ゲームそのものを改ざんしないため、ウォールハックや体力を減らなくするチートは使えないが、逆にいえばチートの検出も難しい。Ars Technicaによると、このチートと同じようにコンピュータビジョンを使ったチートツールはすでに存在しており、チート対策で有名なFPS『Valorant』ではこのチートも検出できているという。(参考:Ars Technica

 チートを開発していたUSER101氏は前述の公式声明にて「違法なことをするつもりはなかった」ことや、「ウェブカメラを自分に向けることで、手足を使わずに動きをコントロールすることができる支援効果もある」といったことを述べている。どう見てもチートツールだが、そういう使い方もできるといえばたしかにできるだろう。

(画像はAnti-Cheat Police DepartmentのTwitterアカウントより)

 Activisionはこれまでもチートツールメーカーを相手に訴訟を起こして『Call of Duty: Warzone』のチートを公開停止に追い込むなど、積極的にチートツールと戦っているゲーム会社のひとつだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ