一人称視点の絵師シミュレーター『SuchArt: アーティストシミュレーター』配信開始。絵筆から火炎放射器まで様々な画材を使って未来の天才画家になろう

 ゲームパブリッシャーのHypeTrain Digitalは、Voolgiの開発する一人称視点お絵かきゲーム『SuchArt: アーティストシミュレーター』(以下、SuchArt)をSteamにて早期アクセス形式で発売。日本語対応。価格は2050円だが、7月22日まで発売記念セールとして1845円で販売中だ。

 今後もプレイヤーからのフィードバックを受けながらゲームの開発を続け、2022年第1四半期に正式リリースを目指す。

 『SuchArt』でプレイヤーは2130年に生きる一人の天才芸術家として、スペースアトリエで絵筆をふるって生計を立てる。顧客からの依頼に応えて絵を描いたり、自由に描いた絵をマーケットプレイスで販売してお金を手に入れ、アトリエを自由にカスタマイズできる。

 描いた絵は売るだけでなく名を売るためにSNSに投稿したり、個展を開いて評論家たちからコメントをもらうことも可能だ。

 絵の具の混色や質感、火炎放射器のような例外もあるが画材は現実そっくり、物理演算もしっかりと働いている。ゲームの大きな特徴は、そんなリアルなお絵かきをマウスのみで行うという点だ。ペンタブレットなどは使わず、マウスのみで描く絵は思わぬ失敗が味を生むこともあり、『Hand Simulator』のようなコメディ系シミュレーターの面白さも持っている。

 とはいえ、ゲームをプレイするアーティストたちはそんな操作性をものともせずに名画を生み出している。『SuchArt: Creative Space』という体験版が発売前から公開されており、開発会社は定期的にファンが描いた絵画を紹介している。

 プレイヤーが絵筆をふるうのはカンバスの上だけではない。アトリエの壁や床、インテリアに自由に色を塗ったり絵を描いたりして自分らしいアトリエを作ることもできる。

 なお、どうやら地球はロボットの反乱や宇宙戦争が起きそうになっているが、アーティストにそんなことは関係ない。そのはずだ。

(画像はSteam『SuchArt: アーティストシミュレーター』より)
(画像はSteam『SuchArt: アーティストシミュレーター』より)
(画像はSteam『SuchArt: アーティストシミュレーター』より)
(画像はSteam『SuchArt: アーティストシミュレーター』より)
ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧