『デスクリムゾン』RTAの世界記録がRTA in Japanで更新。本番の緊張感をものともしない正確なランで世界最速のコンバット越前となる

 日本発の大型RTAイベント「RTA in Japan Summer 2021」にて、伝説的なゲーム『デスクリムゾン』のRTAが披露された。走者はレトロアクションゲームを主にプレイするスピードランナーのゆゆキチ氏。実況はかぽてじ氏が担当した。

 結論から書くと、本番の緊張感をものともしないゆゆキチ氏の走りにより、34分00秒で世界記録を更新。理不尽な難度を誇る本作で、RTAのためにさらに難しくした状態でクリアし、大舞台で世界記録を更新するという偉業を達成した。

 『デスクリムゾン』は1996年に発売されたセガサターン用のガンシューティングゲーム。セガサターン向け光線銃である「バーチャガン」が利用できるほか、コントローラーでも遊べる。

 いわゆる「クソゲー」の伝説的作品として知られており、ゲームを開発したエコールの公式サイトでも「ゲーム界の黒歴史に燦然と輝く、究極のカルトゲーム。エコールの代表作。暗黒ゲームの帝王」と代表作のひとつとしてあげられている。

 特にオープニングの「上から来るぞ!気をつけろ!」や赤くない扉に対して「せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ」などは有名で、RTA in Japanの本イベントでもRTAを始める前に披露された。

 RTAでは光線銃は使わず、パッドでプレイし無敵状態などのコマンドを使わないレギュレーションで挑戦。ただでさえパッドで遊ぶと難しすぎるというが、そのうえ「ゲーム速度を30%アップさせる」というバグを利用してさらなるタイム短縮を目指す。敵の攻撃までの時間やカーソルの移動も30%アップするため、普通に遊んでも難しいゲームの難度は跳ね上がる。

 ちなみに、このバグ技はスタートボタンを押して解除すると発動するという。また、スピードアップの数値はランダムのため、照準の回転速度で判別しているという。

『デスクリムゾン』RTAの世界記録がRTA in Japanで更新。本番の緊張感をものともしない正確なランで世界最速のコンバット越前となる_001
(画像はRTA in JapanのTwitchアカウントより)

 『デスクリムゾン』のRTAはTwitterでも話題となった。総合トレンド2位、「残機10」「走者1人」「ゆゆキチ」などがトレンド入りを果たしたという。本作の作曲家である渡辺邦孝氏もRTAに反応しており、関係者も楽しんでいたようだ。

 くわえて、ゆゆキチ氏の個性的すぎるウェブサイトも話題となった。今回のRTAの裏話も語られているので、興味があれば読んでみてほしい。なお、音楽が流れるので音量に注意だ。

 なお、『デスクリムゾン』のRTA走者は現在ゆゆキチ氏ひとりだという。今から参加すれば最低でも世界2位が狙える計算だ。セガサターンとゲームをお持ちの方は、せっかくだから参加してみてはいかがだろうか。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ