ドラゴンを乗り回す空戦シューター『Century: Age of Ashes』11月18日から正式サービス開始が決定

 2021年8月26日(木)に開催されたオンラインイベント「gamescom Opening Night Live 2021」にて、インディースタジオPlaywingは対戦型シューティングゲーム『Century: Age of Ashes』の正式サービスを2021年11月18日より開始することを発表した。

 『Century: Age of Ashes』は、ドラゴンを操り空戦を楽しむ基本プレイ無料のマルチプレイヤーゲーム。Steamのストアページによれば、3対3や6対6で行われるチームデスマッチに加え、フラッグを確保した状態で特殊なゲートをくぐりポイントを得るルールなど、多数のゲームモードが用意されているようだ。

ドラゴンを乗り回す空戦シューター『Century: Age of Ashes』11月18日から正式サービス開始が決定_001
(画像は『Century: Age of Ashes』公式サイトより)

 プレイヤーは、チームの盾となり煙幕で相手をかく乱する『WINDGUARD』、ステルス能力に長け罠を用いる『PHANTOM』、傷ついた敵を追撃し仕留めることに秀でた『MARAUDER』といった3つのクラスから好きなものを選ぶことができ、またサービス開始後も新たなクラスが追加されていくとのこと。

ドラゴンを乗り回す空戦シューター『Century: Age of Ashes』11月18日から正式サービス開始が決定_002
(画像は『Century: Age of Ashes』公式サイトより)

 

ドラゴンを乗り回す空戦シューター『Century: Age of Ashes』11月18日から正式サービス開始が決定_003
(画像は『Century: Age of Ashes』公式サイトより)

 さらに、自分の操るドラゴンの見た目もカスタマイズできることがアナウンスされている。カスタマイズ用のアイテムは、ゲームをプレイする中で徐々にアンロックされていく形となる模様だ。

ドラゴンを乗り回す空戦シューター『Century: Age of Ashes』11月18日から正式サービス開始が決定_004
(画像は『Century: Age of Ashes』公式サイトより)

 今回公開されたトレーラーでは、渓谷や城塞などを飛び回るドラゴンとそれに跨るドラゴンライダーたちの姿が迫力ある演出で描き出され、終わり際にはドラゴンのヒナが目を開ける意味ありげなシーンも見られた。

『Century: Age of Ashes』は11月18日(木)よりPC(Steam)にてサービス開始の予定。現在のところ日本語への対応は発表されていない。基本プレイは無料だが、Steamでは発売に先駆けて3種類の特典付きパッケージの予約購入が始まっている。

 それぞれドラゴンのスキンやプレイヤーアイコンにエンブレム、ゲーム内での経験値ブーストアイテムなどが封入されているため、興味のある方にはぜひチェックしていただきたい。 

 

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月31日13時~2023年1月31日14時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ