『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ

 Battlestate Gamesは、ハードコアFPS『Escape from Tarkov』を正式に日本語に対応すると発表した。配信時期は不明。

 『Escape from Tarkov』は、MMO要素のあるPC向けのハードコア・サバイバルFPS。

 架空の地方経済特区であるノルヴィンスク地方タルコフ市を舞台に、プレイヤーは戦闘をしたり装備品などを集めたり、タスクをこなしながら脱出地点を目指すのが目的だ。

 NPCもいるがオンラインで繋がった他のプレイヤーも存在しており、それぞれ敵、味方の勢力に分かれている。

 味方を裏切ることが可能で、本作がハードコアなゲームと形容される所以だ。また倒した相手からは所持品を奪い、自分の装備を強化することができる。これらの戦利品はゲーム内のフリーマーケットやオークションで売買することも可能だ。

『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ_001
(画像はYouTube「Escape from Tarkov – Battle for Concordia (Streets of Tarkov teaser #3)」より)
『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ_002
(画像はYouTube「Escape from Tarkov – Battle for Concordia (Streets of Tarkov teaser #3)」より)
『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ_003
(画像はYouTube「Escape from Tarkov – Battle for Concordia (Streets of Tarkov teaser #3)」より)
『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ_004
(画像はYouTube「Escape from Tarkov – Battle for Concordia (Streets of Tarkov teaser #3)」より)
『Escape from Tarkov』が正式に日本語へ対応決定。有志の日本語翻訳チームの努力が実を結ぶ_005
(画像はYouTube「Escape from Tarkov – Battle for Concordia (Streets of Tarkov teaser #3)」より)

 本作は2016年に一部のプレイヤーのみが遊べたクローズドα版がリリース、2017年にすべてのプレイヤーが遊べるクローズドβ版がリリースされている。なお現在もβ版が続いており、定期的にアップデートを繰り返している。

 数年前からリリースされていたゲームだったが、アップデートの利便性の向上とともに2020年にTwitchを中心で人気が急上昇し、それにともない多くの日本のプレイヤーも参戦した。

 以前から有志のボランティア日本語翻訳チームが翻訳を進めており、テスト実装もされてきたが、今回、その翻訳が正式採用されたとみてよいだろう。

 『Escape from Tarkov』は公式サイトから購入が可能。まだ未プレイという人は、この機会にプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日16時~2023年2月4日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ