『メタルギアソリッド』ゲーム終盤シーンにて「2コンで敵の警備兵を操作できる」隠し要素が新たに判明。海外のRTAコミュニティで話題に

 ライブ配信プラットフォームTwitchのチャンネル「TwitchPlaysSpeedruns」にて、ステルスアクションゲーム『メタルギアソリッド』隠し要素が発見された。本話題は海外のリアルタイムアタック(RTA)コミュニティ「Metal Gear Speedrunners」のTwitterアカウント(@MGSrunnners)にて取りあげられ、本作のRTAへ挑戦するプレイヤーの間で話題となっている。

 今回発見された小技は銃座付きジープで検問を強行突破していくゲーム終盤のシーンにて、“プレイヤー2”側へ接続したコントローラーの十字キーで本来操作できない敵の警備兵を操作できるものである。なお、海外RTA走者であるBlueMetal氏は、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス』(2004)や海外にて発売されたWindows版では同じ現象を再現できないことを独自に確認している。

 本現象が発見された「TwitchPlaysSpeedruns」は、チャット欄に打ち込まれた視聴者のコマンドでゲームを遠隔操作させる配信ジャンル「Twitch Plays」の手法を用いてRTAへ挑戦するTwitchチャンネルだ。入力できるコマンドは通常のTwitch Playsよりも細かく、ミリ秒単位の入力やマクロなどの複雑な動作が可能となっている。

※日本時間8月23日の配信映像

実際の配信画面
(画像はTwitch「Twitch Plays Metal Gear Solid – Type In Chat to Play!」より)

 TwitchPlaysSpeedrunsの公式Twitterアカウント(@TwitchSpeedruns)によると、今回の現象は配信設定時のミスによってプレイヤーの入力コマンド(信号)がプレイヤー1用コントローラーとプレイヤー2用コントローラーの両方へ送信されており、偶然発生したものだという。

 『メタルギアソリッド』では、コントローラーをプレイヤー2側へつなぎ変えることで特定のボスキャラクターによる予測行動を回避する攻略法も存在しているが、今回起きた現象との因果関係は分かっていない。

 『メタルギアソリッド』シリーズのRTAコミュニティでは2021年8月中旬、3分以上のタイム短縮につながる壁抜け技「boba skip」が通常の実況プレイ配信から偶然発見されたことも話題となった。

 1998年のオリジナル版発売から23年の時が経った『メタルギアソリッド』は、研究熱心なRTAコミュニティによって今もなお愛されているようだ。

(画像はTwitch「Twitch Plays Metal Gear Solid – Type In Chat to Play!」より)
ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ