『人類は衰退しました』の田中ロミオ氏によるKey新作キネティックノベル『終のステラ』正式発表。『雨の日のアイリス』松山剛氏による『LUNARiA』発売日も決定

 ビジュアルアーツは9月10日(金)、同社が展開するゲームブランド「Key」の新作キネティックノベル『終のステラ(Project:PORTER)』『LUNARiA -Virtualized Moonchild-(project:LUNAR)』正式発表した。

 なお、『終のステラ』の発売時期は開発ライン全体の遅れを理由に2021年から2022年春へと延期。『LUNARiA -Virtualized Moonchild-』(以下、LUNARiA)については12月24日(金)発売予定で、プロデューサーの丘野塔也氏がディレクターを兼務する体制へ移行している。

 『終のステラ』は、人類の知能を超えた機械群に支配された地球を舞台に、現実主義の運び屋「ジュード」と人間への憧れを抱く少女型アンドロイド「フィリア」の旅が描かれる作品だ。本作のシナリオは、学園青春アドベンチャーゲーム『CROSS†CHANNEL』やライトノベル『人類は衰退しました』で知られる田中ロミオ氏が担当している。

 また、イラストは9月9日に発売されたRPG『テイルズ オブ アライズ』のボーナス衣装や、Yostarから配信されているタワーディフェンスゲーム『アークナイツ』のストーリーキービジュアルを手がけたSWAV氏によって描かれている。

(画像は『終のステラ』ティザーサイトより)

 一方で『LUNARiA』の舞台となるのは、月に存在する仮想空間「ルナーワールド」と現実の地球である。本作では、最新鋭のVRバトルアクションレースゲームで賞金を稼ぐ高校生ゲーマー「T-BIT」がルナーワールドへ迷い込み、自らを「LUNAR-Q(るなきゅん)」と名乗るAI(人工知能)アバターと出会い、物語が始まる。

 『LUNARiA』については、ライトノベル『雨の日のアイリス』で知られる小説家の松山剛氏が担当。Keyの2018年発売作品『サマーポケッツ』へ携わったふゆむん氏と、ライトノベル『シンデレラは探さない。』の絵を担当した佐伯ソラ氏のふたりがイラストを手がけている。

(画像は『LUNARiA -Virtualized Moonchild-』ティザーサイトより)

 『LUNARiA』は12月24日(金)、『終のステラ』は2022年春にそれぞれ発売予定だ。続報に興味があれば「Key開発室」公式Twitterアカウント(@key_official)をチェックしてみてほしい。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ